会社情報 サステナビリティ

Better Engineering

エクシオグループの最大の存在基盤は、技術力です。
時代が変わっても、常により優れた技術、一歩進んだ技術を追い求め、それを自分たちのものにしていく企業集団を目指しています。 この技術力によって社会により大きな貢献を果たし、社会から価値のある存在として認められる企業であり続けたいと考えています。

持続可能な事業への取組み

私たちは「技術力を培う」「豊かさを求める」「社会に貢献する」というグループ理念を掲げ、「技術力」を 成長ドライバーとして時代のニーズを反映しながら発展してきました。 今、その「技術力」は国内・海外問わず、社会的課題の解決に大きく貢献しています。 エクシオグループは、今後も社会的課題に向き合いながら、事業を通して課題解決に貢献し、社会とともに持続的成長を果たしていきます。

CSR活動

CSRの考え方

エクシオグループは、日々の事業活動を通じてグループ理念を具現化し、社会的責任を果たしていくことをCSRの基本としています。

詳しく見る

環境

資源の循環、資源の有効利用を促進するとともに、地球温暖 化防止等に向けた環境保全活動を展開しています。

詳しく見る

社会

多くのステークホルダーの皆様より信頼され社会に貢献でき る企業を目指し、さまざまな活動を通じて交流に努め、持続 可能な社会の実現に貢献しています。

詳しく見る

ガバナンス

健全な経営システムの構築と内部統制の強化を図り、経営の 透明性の確保に努めています。

詳しく見る

災害への取り組み

早期に情報通信ネットワークの復旧を目指し全力で取り組み、未来のために誰もが安心・安全で暮らせる強いまちづくりを実現します。

詳しく見る

SDGsへの取り組み

近年、地球環境保護や人権尊重といった国際的な課題に対して企業が果す役割がますます高まっています。 こうした社会動向に鑑み、ESG(環境・社会・ガバナンス)の側面においても当社グループにとって重要な課題と捉え、その対応を進めております。
また、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」も念頭に、本業を通じて社会課題を解決し、さらなる社会との価値協創および当社の持続的成長を目ざしてまいります。

SDGs(持続可能な開発目標)
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて提唱された2016年から2030年までの国際目標です。 持続可能な世界を実現するための17のゴールから構成されます。

ダイバーシティ推進方針

ダイバーシティとは、多様性です。つまり、組織でのダイバーシティ推進とは、「多様な人材の能力を最大限に活かす戦略」を意味します。 多様化する お客様ニーズへの迅速かつ柔軟な対応と、事業の発展および業績向上を目的に、「Team EXEO」としてジェンダー、信条、国籍、障がいの有無、性的指 向等を問わず多様な価値観を認め合う風土を醸成し、これまでの常識や固定観念に縛られない、新たな価値創造へつなげ、個と組織の持続的成長を実現します。

詳しく見る

コーポレートレポート