ニュース

グループ会社のケイ・テクノスが電気通信工事を手掛ける西日本電話工事の全発行済株式を取得

通信インフラ事業を拡大

2021年4月1日

株式会社協和エクシオ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:舩橋哲也)では、グループ会社の株式会社ケイ・テクノス(本社:福岡市南区、代表取締役社長:林田修、以下:ケイ・テクノス)が通信インフラ事業拡大・体制強化の一環として、福岡県北九州エリアを中心に電気通信工事を手掛ける西日本電話工事株式会社(本社:福岡県北九州市、代表取締役会長:原田肇、以下:西日本電話工事)の全発行済普通株式を下記のとおり取得し、4月1日付で子会社としましたのでお知らせいたします。

1.株式取得の目的
当社グループは、2016年度からスタートした中期経営計画(2016~2020年度)において 「グループ総力を結集し、トータルソリューションで新たな成長ステージへ」という中期ビジョンのもと、さまざまな施策を展開しています。
グループ会社のケイ・テクノスは、通信インフラ事業を核に土木・舗装工事、電気、空調、環境施設工事を展開しています。
一方、西日本電話工事は創業から70年以上、数多くの電気通信工事を手掛けるなどの豊富な施工実績を誇り、高い施工技術に加えて保守までワンストップで対応するなど、通信インフラ構築技術とノウハウを有しておりお客様からも高い信頼を得ています。
今回の株式取得に伴い、当社グループと西日本電話工事の電気通信工事の高い施工技術力を融合させ、人材やノウハウの共有、リソースの最適化を図り、お互いの事業拡大を目ざしてまいります。

2.株式取得の内容
西日本電話工事の全発行済普通株式200,000株を取得します。

3.株式取得先の概要
名称 : 西日本電話工事株式会社
所在地 : 福岡県北九州市戸畑区東大谷一丁目14番18号
代表者の役職・氏名 : 代表取締役会長 原田 肇
事業内容 : 電気通信工事
資本金 : 1,000万円
設立年月 : 1950年2月

4.今後の見通し
今回の株式取得により、当社の今期業績に与える影響は軽微です。