ニュース

「かながわスマートエネルギー計画」ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)導入事業として認定

株式会社協和エクシオ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:舩橋哲也)では、当社南関東支店(神奈川県横浜市神奈川区)の建築工事計画に対し、神奈川県が取り組む「かながわスマートエネルギー計画」のネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)導入事業として認定されましたのでお知らせします。

【事業概要】
南関東支店の建替え工事に際し、「サスティナブル・オフィス」をコンセプトに、 省エネルギー、創エネルギーに取り組みます。
具体的には、太陽の放射熱を低減する窓や断熱性能の高い外皮などにより「建築物の性能向上」を図るとともに、エネルギー消費量の多い空調を人感センサーにより制御し効率化することや照明のLED化、電力使用量を見える化し分析・削減をするエネルギーマネジメントシステムを導入することで、同規模の標準的なビルに比較して消費エネルギーを51%削減します。
また、太陽光発電設備(50kW)を設置することで、実質のエネルギー削減量75%を実現し、ZEB化(Nearly ZEB)の基準を満たす建築物とします。

【南関東支店概要】
名   称:株式会社協和エクシオ 南関東支店
所 在 地:神奈川県横浜市神奈川区本町12番1号
敷 地 面 積:延床面積 1,781 ㎡
設計・施工:五洋建設株式会社

●神奈川県記者発表資料(7月21日付)
エネルギーの地産地消を推進します!
ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)導入事業の採択事業が決定!
 URL:https://www.pref.kanagawa.jp/docs/e3g/prs/r2475311.html

●ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)
設備システムの高効率化による省エネにより消費する建築物のエネルギー量を大幅に削減するとともに、太陽光発電などの創エネによりエネルギー収支「ゼロ」を目指した建築物のこと。

外観イメージ