ニュース

計装エンジニアリングに強みを持つサンエツの株式を取得

都市インフラ事業を強化

株式会社協和エクシオ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:舩橋哲也)は、都市インフラ事業強化の一環として、計装および電気工事に強みを持つ株式会社サンエツ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:佐々木哲夫、以下:サンエツ)の発行済株式の一部を取得しましたので、お知らせいたします。

1.株式取得の目的
当社グループは、中期経営計画(2016~2020年度)において「グループ総力を結集し、トータルソリューションで新たな成長ステージへ」という中期ビジョンのもと、さまざまな施策を展開しておりますが、その基本方針の1つに、「ソリューションビジネスの加速とストックビジネスの拡大」を掲げています。
現在、当社の電気設備エンジニアリング分野においては、オフィスビル、通信・データセンタ、病院、工場、学校などの建築物や工作物の電力・電気設備、情報通信設備、空調・給排水衛生設備の計画・設計から施工、運用・保守に至る一貫したサービスを提供しています。
サンエツは、①「設備事業」として、快適な生活空間を創り、②「システム制御技術事業」として、オフィスビル、各種生産現場などにおいて最先端の自動制御技術を駆使した設備を効率的かつ効果的に機能させ、③「ソリューション事業」として、お客様の目線に立ち施設の最適運用、省エネ提案を行う「トータルソリューションエンジニアリング会社」を目指しています。
今回の株式取得に伴い、当社グループのネットワーク通信・ビーコン技術とサンエツの強みを活用することで、設計・施工・調整・メンテナンスまでのワンストップソリューションの提案機会を創出し、当社グループの都市インフラ事業(電気・環境)を強化してまいります。

2.株式取得先の概要
名称         株式会社サンエツ
所在地        東京都中野区中野6丁目32番10号 オークビル中野 2階
代表者の役職・氏名   代表取締役社長 佐々木 哲夫
事業内容       計装・自動制御システムの設計・施工・調整・メンテナンス
資本金        50百万円
設立年月日      1982年8月1日

3.今後の見通し
今回の株式取得による当社の今期業績に与える影響は軽微です。