導入事例

電気・環境・土木

環境プラント施設

馬房敷料で発電する、 バイオマスボイラー

  • JRAボイラ室

日本中央競馬会様から受託した「栗東トレーニング・センター」は、施設内で発生した「使用済み馬房敷料」をバイオマスボイラで燃焼し、蒸気を発生させ、発電する設備の建設工事が完成し、運用を開始しました。

当社が手がけました工事は、施設の燃焼炉と蒸気ボイラにはオーストリアのポリテクニック社の製品を採用し、発電設備は、株式会社神戸製鋼所のスクリュー式発電機とバイナリー発電機を採用しております。当社では、美浦トレーニング・センター向けにも同様の施設建設を受注し、今後とも、地球環境保全と循環型社会の形成に貢献する環境システムの提供を積極的に提案してまいります。