ESB/ETL

企業内外のシステム連携を効率化するためのソリューションをご提供いたします。

特長

  • ESB(Enterprise Service Bus)、ETL(Extract Transform Load)は、企業内の異なるシステム間や企業間のシステムを連携するための技術です。
  • ESB/ETLの導入により既存システムを有効活用しながら、各システムの共通基盤としてアプリケーション統合を容易にします。ESBはリアルタイム連携に、ETLはバッチ連携に適しています。

詳細

ESBによるシステム連携

ESBによるシステム連携

メリット

  • システム間のインタフェースが一元管理でき、比較的、運用・保守しやすい。
  • ESB/一つのシステムを変更しても、他のシステムに影響を与えません。
  • システム連携にかかる開発工数を削減します。

このページに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ

▶ページトップへ

▶ページトップへ