情報通信配線技術フォーラム2017にて 1位・2位に入賞しました

    2017年4月5日(水)〜7日(金)、東京ビッグサイトで開催された特定非営利活動法人
   高度情報通信推進協議会主催の情報通信配線技術フォーラム2017(※)にて、今年秋に
   行われる第55回技能五輪全国大会「情報ネットワーク施工」職種の予選会および第44回
   技能五輪国際大会のフレンドリーマッチ(シンガポール・ロシア・ジョージア・日本参加)が
   行われました。
    予選会の光部門では、初出場した当社の海老原徹選手および村上諒選手が同率1位に
   入賞、メタル部門では、当社の海老原徹選手が2位に入賞するなど功績を挙げたほか、
   スピード競技の「World Optical Fiber Skills Challenge」では当社の太田卓也選手が
   新記録をたたき出し堂々の1位に入賞し、当社から挑んだ5選手全員が予選を突破しました。
    今後は、第55回技能五輪全国大会(栃木)での連覇を目ざし、訓練に励んでまいります。


             
             メタルケーブルの配線施工を行う海老原選手(中央)

             
             左から 清水選手、太田選手、内藤選手、海老原選手、村上選手、駒形選手

     ※情報通信配線技術フォーラムとは
      国内の情報通信配線技術に関わる技能者の技術・技能レベルを競うことにより、国民および情報通信配線技術
     技能者に対して優れた技能を身近に触れる機会を提供し、今後のブロードバンド社会における情報通信配線技術の
     重要性や必要性をアピールすることで、情報通信配線業界の振興および一層の発展を目ざすことを目的とし、
     2004年から開催されています。