2017 年 3 月 9 日
Skype for Business 導入アセスメントサービス
Skype Operations Frameworkに対応
~ 日本における「 働き方改革 」推進に貢献 ~

当社は情報通信インフラの構築をはじめとした通信インフラ事業に加え、日本マイクロソフトの統合型情報共有クラウドサービス Office 365 のコミュニケーションインフラ部分の中核を担うSkype for Business によるクラウド技術を組み合わせたクラウド総合エンジニアリング分野の強化に取り組み、さまざまなサービスを展開しております。

これまでも、当社と日本マイクロソフトは、Skype for Business を活用し、企業内の会議と電話のクラウド化において協業を進めてまいりましたが、このたび、当社「 Skype for Business 導入アセスメントサービス 」が、Skype Operations Framework ( 以下、SOF ) に対応したソリューションとして認定されました。

Skype for Business 導入アセスメントサービスは、SOF に対応した IT Proツール IR Prognosis UC Assessor を利用し、大手運輸業・製造業のお客様に対してアセスメント実績がございます。直近では、地域中核医療を担う医療機関向けにこれまで培ってきたネットワークコンサルティングを組み合わせたアセスメントサービスを提供中です。

SOF は、マイクロソフトが提供する包括的なガイドとツールのセットで構成されており、Skype for Business Online を効率的かつ効果的に導入および管理する上で必要な情報を活用し、効率的かつ効果的にクラウドに移行する際の留意点や課題の抽出、改善案の提案が可能となります。今後、Skype for Business Online とお客様がご利用中の公衆電話網 ( PSTN ) を接続する際に必要となる Cloud Connector Edition ( 以下、CCE ) の早期評価・導入サービスはもちろん、クラウドへの移行後の保守・監視サービスも順次SOFに対応する予定です。

これらのサービスは、社内導入を進めている Office365 を中心とした最新クラウドコミュニケーション基盤にも適用し、そこで得たノウハウをサービス向上に活かします。これは、当社の強みであるコミュニケーションやネットワークの技術力をクラウド時代においても示すとともに、クラウド・モバイルへの移行が加速しているエンタープライズ音声マーケットにおいて Skype for Business を活用したソリューションをさらに普及できると期待しており、日本マイクロソフトと当社による日本の音声通信・会議のクラウド化に積極的に貢献いたします。

なお、今回の取り組みにあたり、日本マイクロソフトから以下のコメントをいただいています。

破線

日本マイクロソフトは、協和エクシオが提供する Skype for Business 導入アセスメントサービスの
Skype Operations Framework 対応を心より歓迎いたします。
今回の取り組みは、協和エクシオの強みである通信事業者向けに全国をカバーする高い技術力と品質に Skype Operations Framework を組み合わせることで日本国内はもちろんグローバルに展開する企業のコミュニケーションの会議と電話のクラウド化を促進すると確信しております。
日本マイクロソフトは協和エクシオとの連携を強化し、日本企業の働き方変革、競争力の強化、グローバルビジネスの拡大など、クラウドサービスを活用した生産性の向上と新たなビジネスの創造により一層貢献してまいります。

日本マイクロソフト株式会社 パートナービジネス推進統括本部
業務執行役員 統括本部長 浅野 智

破線
参考 協和エクシオ SOF 対応サービス
Skype Operations Frameworkのプロセス図
Skype Operations Framework ( SOF ) ※導入・運用サービスは、
 2017 年 4 月以降に SOF に対応予定
測定ツールによるアセスメント
測定ツールによるアセスメントのイメージ図

このページに関するお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ先