閉じる

トピックス 一覧 > 2013.11.26

連結会社株式会社キステムが不発弾処理の警備を担当


11月17日(日)、東京都北区で周辺住民の一時避難を伴う不発弾の処理
作業が行われました。この不発弾は今年7月、北区赤羽北の護岸工事の
現場から見つかったもので、全長およそ1.7メートル、重さ1トンで、アメリカ
軍が戦時中に投下したものです。
 現場周辺では、半径500メートルが午前9時半から立ち入り禁止となり、
その区域内に住む住民約3,000世帯の約7,000人が避難しました

 この処理作業に伴う警備業務を、当社の連結子会社である株式会社
キステムが一手に担当。同社の警備員約170名が、避難誘導や交通整理
などの業務にあたり、トラブルなく終了させました。

株式会社キステム
HP http://www.kysstem.co.jp/

警備中の様子
警備中の様子