閉じる

トピックス 一覧 > 2012.10.22

仙台総合エンジニアリングセンタの起工式を開催

10月17日、仙台市泉区にある「泉パークタウン」において、仙台総合エンジニアリングセンタの起工式を開催しました。

起工式では、NTTファシリティーズ様の渡辺副社長が鎌入れ、当社の石川社長が鍬入れ、清水建設様の竹浪執行役員東北支店長が鋤入れを行い、工事の安全を祈願しました。

「仙台総合エンジニアリングセンタ」は、主に仙台エリアにおける光アクセス網の構築工事や土木工事、携帯電話工事における施工・管理業務の効率化を目的に、 現在エリア内に分散する4つの拠点と協力会社5社の拠点を集約し、管理業務の一元化、および適切な要員配置による迅速な施工体制の構築を目的に建設するものです。

  「仙台総合エンジニアリングセンタ」の概要
名称 仙台総合エンジニアリングセンタ
所在地 仙台市泉区明通二丁目8-1
敷地面積 24,683u
建物規模 鉄骨造地上2階建
建物高さ 8.768m
建築面積 2,221.68u
延床面積 3,991.374u
資材置場 5,200u
工期 2012年10月〜2013年6月
要員 約230名
(アクセス、土木、移動通信の各エンジニアリング部門、協力会社5社 )
車両 普通車174台、バケット車88台 二輪10台
設備ほか 自家用給油所 48klタンク(ガソリン32kl、軽油16kl)
投資金額 約11億円
設計・監理 株式会社NTTファシリティーズ
施工 清水建設株式会社(建物)、株式会社エクシオインフラ(外構)

鍬入れを行う石川社長
鍬入れを行う石川社長

完成予想図
完成予想図