閉じる

ニュースリリース

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日時点の情報であり、現時点では
発表日時点の情報と異なる場合もありますので、 ご了承いただくとともにご注意をお願いします。

2010年



2010年5月10日(月)      
協和エクシオ、大分県豊後大野市の伝送路整備工事を受注
〜市内全域に総延長約1000キロメートルのネットワーク網を構築〜
 
 
 株式会社協和エクシオ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石川國雄)では、このたび、大分県豊後大野市の高速情報通信網整備事業における伝送路整備工事を受注し、5月10日、橋本祐輔:豊後大野市長をはじめとする来賓、工事関係者の出席のもと、現地で安全祈願祭が執り行われました。

 今回当社が受注した工事は、2005年3月に5町2村(三重町、清川村、緒方町、朝地町、大野町、千歳村、犬飼町)の合併により発足した豊後大野市における高速情報通信網の整備を目的としたもので、市内全域へのデジタル放送再送信、ブロードバンド環境、行政サービス、緊急防災情報等の提供を可能にするものです。
 工事は大分県の県土の約9.5%を占める豊後大野市全域を対象に、共架柱約23,000本への添架・共架から、総延長約1,000キロメートルにおよぶ幹線光ケーブルの敷設、さらには約16,900世帯への宅内引き込み工事などを実施する大規模なものになりますが、工事完成後は、市内の情報通信格差の解消が期待されます。なお、完成は2011年3月を予定しています。
 今回の工事概要は以下の通りです。


工   事   名 平成21年度 豊後大野市高速情報通信網整備事業 伝送路整備工事
工 事 場 所 大分県豊後大野市全域
工         期 平成22年3月10日から平成23年3月10日まで
工 事 内 容   ・共架柱への添架・共架                         23,100本
  ・幹線光ケーブル(4芯〜1,000芯)敷設        1,013 km
  ・ドロップケーブル敷設                           1,353 km
  ・放送系光受信装置(V−ONU) 取り付け    16,917台
  ・通信系光受信装置(D−ONU) 取り付け    13,632台
受 注 金 額 2,598,750,000円(消費税込み)



 当社では、今回の工事においても最高品質の工事を提供するとともに、今後も光アクセス工事をはじめとする情報通信ネットワーク構築分野において、高品質の工事を提供するための技術力の強化・向上ならびに人材育成に取り組んでまいります。