閉じる

ニュースリリース

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日時点の情報であり、現時点では
発表日時点の情報と異なる場合もありますので、 ご了承いただくとともにご注意をお願いします。

2009年



2009年5月25日(月)      
協和エクシオとインフォマティカ・ジャパン
「PowerCenter®」を活用したデータ統合ソリューションの提供で協業開始
―豊富な実績と技術ノウハウに基づく最適なデータ統合を実現―


 
 
 株式会社協和エクシオ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石川國雄、以下協和エクシオ)と、インフォマティカ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:内田雅彦、以下インフォマティカ)は、「PowerCenter®」をはじめとするデータ統合ソフトウェアの販売において、ソリューション&システムインテグレーター パートナーとして販売代理店契約を締結し、データ統合ソリューション分野での市場拡大に連携して取り組んでいくことを発表いたします。

 現在、企業を取り巻くビジネス環境は、合併・吸収・再編、さらにはグローバル化への対応など、常に変化にさらされています。このような環境下で競争力を強化するには、情報資産(データ)を有効活用し迅速で的確な意思決定を下すことが重要となります。そのためには、企業が直面しているデータの断片化の問題を解決することが不可欠であり、それを実現できるのがデータ統合ソリューションです。

 協和エクシオは、以前よりデータ統合の分野にいち早く着目し、同分野における多数の開発・導入実績と、それらの経験に基づく豊富な技術ノウハウを保有しております。特にここ数年は、単なるデータ連携を超え、ミッションクリティカルな大規模システムを統合する基盤として、EAI・BPMを活用したSOAシステムの開発プロジェクトを多く手掛けており、金融、公共、流通など、幅広い業種にシステムを納入しています。今回のインフォマティカとの協業により、「PowerCenter®」の販売および同ソフトウェアを活用したデータ統合ソリューションの提供を共同で行うことで、さらに企業における最適なシステムをご提案することが可能になりました。

今回の契約により、協和エクシオが提供する主なソリューションは、以下の通りです。
1.   エンタープライズデータウェアハウス(DWH)※1構築における「PowerCenter®」を活用したデータ統合ソリューション
2.   システムの統合、移行、刷新における「PowerCenter®」を活用したデータ統合ソリューション


さらに、「PowerCenter®」のデータ統合ソフトウェア技術者による以下のサービスを提供します。
1.   「PowerCenter®」の開発プロジェクト立ち上げ時のコンサルティング
2.   「PowerCenter®」の開発プロジェクトへの開発要員派遣(受託開発)


 協和エクシオは、自社の持つETL※2の特性に合わせた設計ノウハウ、最適なトランスフォーメーション設計ノウハウ、高スループットを実現するノウハウに基づき、ビジネスに不可欠なデータの精度と整合性を向上させ、データ分析とビジネス両方のニーズを満たすことが可能なデータ統合ソリューションを提供します。

 両社は、PowerCenter®の販売、およびシステム提案活動を協力して行い、企業における最適なシステムをご提供していきます。

 <PowerCenter®について>

 企業内の複雑なデータの流れを統合管理するデータ統合基盤です。

 「PowerCenter®」の特長は、

1.   リポジトリによるメタデータの一元管理が可能
     テーブル定義やビジネスロジックをメタデータとして統合・管理することで、効率的で柔軟なデータ統合基盤を実現し、企業に眠っている情報資産の価値を引き出します。
2.   マルチスレッド処理によって、大量データの高速処理を実現
     企業内に散在する多種多様なデータを統合し、複雑な情報の流れを管理、より早く的確な意思決定を可能にするエンタープライズ・クラスの"データインテグレーションソフトウェア"です。
3.   GUI操作を基本とする高い開発生産性(SQLプログラム言語での開発と比較して3倍以上)
     GUIベースのノンプログラミング環境で、データソースの定義から抽出・加工までが実行可能です。


※1 DWH(Data Ware House)
         基幹系システムからトランザクション(取引)データなどを抽出・再構成して蓄積し、情報分析と意思決定を行うための大規模データベース。また、これらデータベースを中核とした意思決定支援システムのこと。
※2 ETL(Extract/Transform/Load)
     データを抽出(extract)して、DWHなどで利用しやすい形式に加工(transform)し、対象となるデータベースに書き出す(load)こと。また、これら一連の処理を行うソフトウェアのこと。


 ◆株式会社協和エクシオについて
 協和エクシオは、「情報通信ネットワーク構築のリーディングカンパニーとして、付加価値の高いトータルエンジニアリングサービスを提供する」という中期ビジョンのもと、エンジニアリングソリューション事業とシステムソリューション事業を展開しています。システムソリューション事業においては、これまで培ってきた情報通信技術を活用し、大規模基幹系システムの開発案件に加え、自社ノウハウによる競争優位性のあるEAI・BPM、ビリングシステム、さらにはエンタープライズデータウェアハウス構築などのデータ統合ソリューションも数多く手掛け、付加価値の高いITソリューションを提供しています。また、全国規模の自社ネットワークを有し、コンサルティングから設計・施工・運用・監視・保守までをトータルにサポートしています。
 1954年設立、東証1部上場、従業員数7,334名(連結:2009年3月現在)
 (ホームページ: http://www.exeo.co.jp/

 ◆インフォマティカ社について
 Informatica Corporation (NASDAQ: INFA) はデータ インテグレーション ソフトウェアおよびサービスにおける世界No.1ベンダーの1社です。インフォマティカのソリューションにより、企業は既存の情報資産から最大限の価値を引き出すことで組織全体を通じてビジネスへの洞察力を手にし、ビジネス パフォーマンスの改善、顧客収益率の向上、サプライチェーン プロセスの合理化を実現すると共に各種規制・法制への準拠体制を予見的に管理していくことが可能になります。現在、インフォマティカのソリューションは世界3,600社を超える企業のエンタープライズ データ インテグレーションとビジネス インテリジェンスに対するエンド・トゥ・エンドのニーズに応えています。インフォマティカに関する詳細はインフォマティカ・ジャパン株式会社(代表 03-5229-7211)までお問い合わせいただくか、弊社 Web サイトhttp://www.informatica.com/jp/ をご覧ください。