閉じる

ニュースリリース

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日時点の情報であり、現時点では
発表日時点の情報と異なる場合もありますので、 ご了承いただくとともにご注意をお願いします。

2008年



平成20年12月19日      
各   位
協和エクシオ、青森県外ヶ浜町のごみ処理施設建設工事を受注
〜ホタテ養殖残渣(貝殻や海藻など)の処理にも対応〜
 
 
 株式会社協和エクシオ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石川國雄)では、水処理システムやごみ焼却灰の溶融システム、さらにはバイオマス資源を活用した循環型リサイクルシステムなどの各種環境システムの提供および運転管理業務を展開しています。その一環として、12月10日、ホタテ養殖残渣(貝殻や海藻など)の処理にも対応した、青森県東津軽郡外ヶ浜町のごみ処理施設建設(機械設備)工事を受注しました。

 今回当社が受注した工事は、外ヶ浜町から発生する一般廃棄物(可燃ごみ、し尿処理汚泥、し渣、不燃ごみ、粗大ごみ、ホタテ養殖残渣)を焼却し、発生した焼却残渣についても溶融処理する設備を新たに建設するものです。
 現在外ヶ浜町では、可燃ごみは近隣に位置する青森市の施設で焼却処理を実施し、その焼却灰を町内の最終処分場に埋め立てていますが、新たに可燃ごみを含めたごみ焼却設備、さらには焼却灰も溶融処理する設備を併設した施設建設が必要となっていました。
 当社では、このような状況を踏まえ、各種環境システムの提供や運転管理業務で培ってきた豊富な実績とノウハウをもとに外ヶ浜町の要望に沿った施設を提案しました。それが今回の受注に結びついたものです。
 建設する設備は、一般廃棄物の処理に対応したもので、とくにホタテの養殖が盛んな外ヶ浜町の立地環境から、ホタテ養殖で発生する残渣(貝殻や海藻など)の処理にも対応しています。
 当社では、今後も地球環境保全と循環型社会の形成に貢献する環境システムの提供および運転管理業務を積極的に提案し、より一層の受注拡大を図る方針です。
なお、今回の工事概要は以下の通りです。





工   事   名 外ヶ浜町ごみ処理施設建設(機械設備)工事
工 事 場 所 青森県東津軽郡外ヶ浜町字蟹田小国東小国山地内
工 事 内 容 ごみ焼却炉および灰溶融炉の建設
工         期 着工 平成20年12月
完工 平成22年10月
処理対象物 可燃ごみ、し尿処理汚泥、し渣、不燃ごみ、粗大ごみ、ホタテ養殖残渣
処 理 方 式 ストーカ式焼却炉+灰溶融炉
処 理 能 力 焼却炉16t/24h、灰溶融炉 2t/24h
受 注 金 額 991,200,000円(消費税及び地方消費税込)
設 計・施 工 株式会社協和エクシオ