閉じる

ニュースリリース

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日時点の情報であり、現時点では
発表日時点の情報と異なる場合もありますので、 ご了承いただくとともにご注意をお願いします。

2008年



平成20年7月30日
各   位
 
協和エクシオ、福岡県苅田町向け
「苅田町リサイクルセンター」建設工事が完成
 
 株式会社協和エクシオでは、水処理システムやごみ焼却灰の溶融システム、さらにはバイオマス資源を活用した循環型リサイクルシステムなどの各種環境システム事業を展開しています。その一環として、かん、びん、ペットボトルの処理・再資源化を行うリサイクル施設「苅田町リサイクルセンター」の建設工事一式を受注し工事を進めてきましたが、このたびすべて工事が完成し、発注者である福岡県京都郡苅田町への引き渡しが完了しました。

 今回当社が手掛けた「苅田町リサイクルセンター」建設工事は、苅田町の各家庭から回収されたかん、びん、ペットボトルを処理・再資源化するリサイクル施設で、循環型社会の構築を目指す苅田町が3R(リデュース、リユース、リサイクル)の推進を目的に建設を計画していたものです。従来の施設で処理していた、かん、びんに加え、新たにペットボトルを処理対象物として扱うことで、包装容器リサイクル法に対応した施設になっています。
 施設内には、処理対象物と収集袋を分離する"破除袋機"や、磁力によりアルミ缶とスチール缶を選別する"スチール缶磁選機""アルミ選別機"を導入し工程内の省力化を実現しているほか、施設内の各場所で発生する粉じんを捕集する"集じん装置"、悪臭の発生する場所に"防臭剤噴霧装置"をそれぞれ設置することで、作業環境の改善、さらには周辺地域の環境にも配慮しています。
 また、排水処理設備を設置し、床洗排水、洗車場排水を床洗水、洗車水として再利用するほか、残渣処理においては"可燃・不燃選別装置"を導入し、不燃残渣は施設内から直接セメント原料として搬出するなど、処理対象物だけでなくリサイクルセンター全体で3Rを推進しています。

 当社では、今後も地球環境保全と循環型社会の形成に貢献する環境システムを積極的に提案していく方針です。
 「苅田町リサイクルセンター」の施設概要は以下の通りです。

  名         称 苅田町リサイクルセンター
  所   在   地 福岡県京都郡苅田町鳥越町1番地3
  敷 地 面 積 30,378u
     
[リサイクルセンター]
  建物面積   1,094u   延床面積   1,397u
[洗車場]
  建物面積   57u   延床面積   57u
  建 物 構 造 鉄骨造
  処理対象物 かん、びん、ペットボトル
  処 理 方 式 選別、圧縮、破砕、保管
  処 理 能 力 4.9t/日
  施 工 監 理 日本水工設計株式会社
  設計 ・ 施工 株式会社協和エクシオ
 
写真は、「苅田町リサイクルセンター」施設外観
 
写真は、施設内部の様子