閉じる

ニュースリリース

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日時点の情報であり、現時点では
発表日時点の情報と異なる場合もありますので、 ご了承いただくとともにご注意をお願いします。

2007年



平成19年9月25日      
各   位
全国から選抜した施工技術者が光アクセス工事の技能を競う
「第2回 協和エクシオ技能競技会」を開催

 
 
 株式会社協和エクシオ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:島征二)では、光アクセス工事をはじめとする情報通信ネットワーク構築分野における"光No.1企業"を目指し、高品質の工事を提供するための技術力の強化・向上および人材育成に取り組んでいますが、9月20日(木)、全国から選抜した当社社員およびグループ会社・協力会社の施工技術者が光アクセス工事の技能を競う「第2回 協和エクシオ技能競技会」を、埼玉県和光市の当社中央技術研修センタで開催しました。

 「協和エクシオ技能競技会」は、全国から選抜した当社社員およびグループ会社・協力会社の施工技術者が光アクセス工事における技能を競う大会で、2回目を迎える今回は「地下光新設施工」「架空光開通施工」の競技に、現在宅内工事において需要が高まっている女性の施工技術者による「宅内開通施工」を新たに加えた3種目で開催しました。参加した26名の選手は、それぞれの種目で日頃工事現場の最前線で培った技能を遺憾なく発揮し熱戦を繰り広げたほか、「宅内開通施工」では女性ならではのきめ細かい作業がギャラリーの関心を集めました。
 また、当日は競技と並行して、会場となった中央技術研修センタで日頃実施している、高所作業車での架空作業やマンホール内での地下作業といった作業を施工デモンストレーションとして実施しました。

 当社では、今後も優秀な技術者の育成を図り、高い施工技術で社会に貢献していきたいと考えています。




写真は、競技の様子



写真は、「宅内開通施工」競技の様子