閉じる

ニュースリリース

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日時点の情報であり、現時点では
発表日時点の情報と異なる場合もありますので、 ご了承いただくとともにご注意をお願いします。

2006年



平成18年10月5日      
各   位
協和エクシオ、"エクシオの森林(もり)"第四弾として
宮城県白石市で活動を開始
〜東北森林管理局と「法人の森林」契約を締結〜
 
 
 株式会社協和エクシオでは、林野庁の「法人の森林(もり)」制度を活用した森林資源の維持増進活動を推進していますが、この度、10月4日付けで宮城県白石市の国有林に関し、東北森林管理局と当社東北支店の間で「法人の森林」契約を締結、同地を"エクシオの森林(もり)"に制定し、活動を開始いたします。

 今回契約した"エクシオの森林"は、宮城県白石市のスキー場に隣接した交通アクセスのよい地域に位置し、約2.5ヘクタールの敷地内にはアカマツやカラマツをはじめ、ナラやブナなどの広葉樹といった樹木が生育しています。
 当社の"エクシオの森林"づくり運動は、2004年5月の創立50周年を契機とした社会貢献活動の一環として推進しているもので、自然環境の保全・形成はもとより社員の地域社会への貢献及び緑化思想の高揚を図ることを目的に、具体的な活動として、東屋やベンチを設置し森林とのふれあいの場、森林浴の場として森林レクリエーションを定期的に実施するほか、記念植樹、つる切り、除伐等の森林体験作業を計画しています。

 今回の「法人の森林」契約は、昨年1月の熊本県宇土市の雁回山国有林、昨年2月の兵庫県西宮市の北山国有林、そして今年8月の北海道千歳市の千歳国有林に続く4番目の契約で、今回の契約により"エクシオの森林"総面積は、合わせて約12.1ヘクタールとなります。当社では、今後も本社及び全国の支店で"エクシオの森林"づくり運動を推進していく方針です。

 なお、今回の契約内容は以下の通りです。


 契約日平成18年10月4日
 契約対象地宮城県白石市福岡八ツ宮字不忘山国有林
404へ林小班
 面積2.4752ヘクタール
 契約期間平成18年10月4日〜平成41年3月31日






写真は、契約調印式の様子
(写真左)福田髏ュ氏:東北森林管理局長
(写真右)新矢邦彰:協和エクシオ 東北支店長


写真は、今回契約した"エクシオの森林"

以上