閉じる

ニュースリリース

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日時点の情報であり、現時点では
発表日時点の情報と異なる場合もありますので、 ご了承いただくとともにご注意をお願いします。

2006年



平成18年4月27日
各   位
非常用ディーゼル発電機の黒煙対策として
捕集効率が高く耐熱性に優れた"ニューセラミックフィルター"を採用した
「ディーゼルエンジン用乾式排ガス集じんシステム」を販売開始
従来のセラミックフィルターに比べ低コストでのシステム構築を実現
 
 
 株式会社協和エクシオ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:島征二)では、水処理システムやごみ焼却灰の溶融システム、さらにはバイオマス資源を活用した循環型リサイクルシステムなどの各種エコソリューションを展開しておりますが、この度、非常用ディーゼル発電機の黒煙除去システムとして、集じん機のフィルター部分に捕集効率と耐熱性、コストパフォーマンスに優れた"ニューセラミックフィルター"を採用した「ディーゼルエンジン用乾式排ガス集じんシステム」を開発、5月から販売を開始します。

【背景】
 停電時の代替電力確保に不可欠な非常用発電機は、オフィスビルや工場、商業施設、病院といった数多くの施設に設置されています。近年は環境保全の観点から、動力源に黒煙の排出が少ないガスタービンを採用した非常用発電機を導入する施設も増加していますが、既設施設をはじめとする多くの施設ではディーゼルエンジン式が使われているのが現状です。
 現在、非常用ディーゼル発電機の排ガスについては大気汚染防止法の適用が免除されていますが、定期的な負荷試験や非常用発電、さらには常用発電の際のエンジン起動時に多く排出される黒煙に対し、設置施設の周辺住民から苦情が寄せられるケースも多くなっていることから、環境保全に対応する企業の社会的責任なども含め、その対応が強く求められています。


【システムの特長】
 今回販売を開始する「ディーゼルエンジン用乾式排ガス集じんシステム」は、非常用ディーゼル発電機のエンジン起動時の排気ガスに多く含まれる黒煙の除去に対応したシステムです。システムの基幹となる集じん機のフィルター部分に、軽量で低密度な繊維状の"ニューセラミックフィルター"を採用することで、高い捕集効率を実現。また、従来のバグフィルターにない高い耐熱性を確保しているほか、低密度で目詰まりが少ないため寿命が長くダストの払い落としも容易です。さらにコストパフォーマンスにも優れ、従来のセラミックフィルターに比べ低コストでの導入(システムへの組み込み)が可能です。
 またオプションで、エンジン起動後の過渡期、定格負荷期に多く含まれる窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)の除去に対応したシステム構築も可能です。
 当社では、同システムの企画提案から設計、施工、メンテナンスに至るまでの一貫したサービスの提供はもちろんのこと、既設の非常用ディーゼル発電機のフィルター部分(バグフィルターおよび筒状の焼結セラミックフィルター対応機)の付け替え需要も視野に入れ、積極的に提案していく方針です。


■"ニューセラミックフィルター"の特徴
  ○黒煙等ばいじんの捕集効率が高い。
   (PM2.5ミクロン以下の粒子も高性能で捕集可能)
  ○高温で使用可能。(耐熱900℃)
  ○腐食性ガスに強い。
   (触媒担持によりNOx、SOx除去にも対応 ※オプション)
  ○目詰まりが少なく寿命が長い。
  ○焼結タイプのセラミックフィルターと比べ軽量で熱衝撃に強い。
  ○焼結タイプのセラミックフィルターと比べ低価格。
 
 
■ディーゼルエンジンの排ガスの性状
 
 
■「ディーゼルエンジン用乾式排ガス集じんシステム」システムフロー
 
 
■「ディーゼルエンジン用乾式排ガス集じんシステム」システムフロー
 
 
【本件に対する問い合わせ先】
株式会社協和エクシオ  環境システム営業本部 福岡勝美
電話:03-5778-1043  メールアドレス:k.fukuoka@en2.exeo.co.jp

以上