閉じる

ニュースリリース

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日時点の情報であり、現時点では
発表日時点の情報と異なる場合もありますので、 ご了承いただくとともにご注意をお願いします。

2006年



平成18年4月21日
各   位
宮城県石巻市のイントラネット基盤施設整備事業が完成
〜市内の110の公共施設に総延長約200キロメートルの光ファイバ網を構築〜
 
 
 株式会社協和エクシオでは、昨年12月に受注した宮城県石巻市の地域イントラネット基盤施設整備事業における伝送施設工事および構内伝送路構築工事が完成し、4月20日、関係者の出席のもと現地で完成式を執り行いました。

 完成式には土井喜美夫:石巻市長、森山行輝:石巻市議会議長をはじめとする市議会関係者、白江久純:総務省東北総合通信局 情報通信部長、各施工関係者などが出席し、テープカットを実施し完成を祝った後、デモンストレーションとして土井市長が石巻市北上総合支所に待機した市民の方とテレビ会議システムを利用し会話を楽しみました。
 今回の工事は、石巻市における行政情報の地域間格差の解消を目的に、光ファイバ網等を活用し行政情報や防災情報の提供、議会中継、学校教育支援、健康情報提供などの各種行政サービスを提供するための基盤施設整備事業の一環として実施したもので、特に伝送施設工事に関しては、本庁舎と総合支所をはじめ公民館や図書館、学校など市内の110の公共施設を総延長約200キロメートルの光ファイバで繋ぐ大規模なネットワーク構築工事となりました。

 当社では情報通信ネットワーク構築分野における"光No.1企業"を目指し、日々技術力の強化・向上および人材育成に取り組むとともに、今後もより一層の受注拡大を図っていく方針です。


写真は、完成式でのテープカットの様子
(左から:白江東北総合通信局情報通信部長、土井市長、森山議長)

以上