閉じる

ニュースリリース

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日時点の情報であり、現時点では
発表日時点の情報と異なる場合もありますので、 ご了承いただくとともにご注意をお願いします。

2005年



平成17年11月21日
各   位
漏洩電磁波や侵入電磁波を遮へいし
通信傍受/妨害、不正侵入に対するセキュリティを確保
「電磁波シールド」を本格展開
〜従来工法と比較し画期的な低コストでの導入が可能〜
 
 
株式会社協和エクシオでは、携帯電話をはじめ無線LANやモバイルセントレックスなどの無線環境の増加に伴うセキュリティ対策ソリューションとして、部屋全体の漏洩(ろうえい)電磁波や侵入電磁波を完全に遮へいし通信傍受/妨害、不正侵入などに対するセキュリティの確保を目的とした「電磁波シールド」を開発。ITソリューション事業の新しいラインナップとして本格的に施工・販売を開始します。

「電磁波シールド」はアルミや鉄などの電気を通しやすい金属からなるシートを使い、電磁波を反射させたり吸収したりすることで電磁波を遮へい(対応周波数範囲:1MHz〜10GHz、減衰レベル:25〜40デシベル)し、外部からの通信妨害や通信内容の盗視、不正侵入に対しセキュリティを確保するものです。その応用範囲としては、企業オフィスや各種コンピュータ施設における不正侵入やデータ流出阻止、病院・医療施設、精密機械工場・研究所・ハイテク施設などにおける機械の誤作動防止など、新規物件・既存物件を問わず電磁波障害対策が必要なあらゆる施設での活用が可能です。また、無線LAN環境構築時のエリア設計においても、「電磁波シールド」を活用することで周波数の有効利用を実現します。

部屋全体の漏洩電磁波や侵入電磁波を完全に遮へいするためには、天井、壁、床、窓ガラスなどに加え、壁のつなぎ目や天井裏などのわずかな隙間も防ぐ必要があるため、素材は壁紙をはじめ布、アルミシート、アルミフィルム、ビニールなどをラインナップしているほか、壁装材(壁紙、布、アルミシート)は居住性やデザイン性に配慮し、シックハウス対策を施した約700種類の豊富なデザインから選択することができます。これらのシールド材は傷がついても張替えが容易です。
施工に関しては、既存の部屋でも通常の内装工事とほぼ同様の工程のため短工期で設置できるほか、従来の金属箔を用いた工法と比較して総額で新設物件は約1/2、既設物件は約1/6の低コスト化を実現しています。

当社では、無線LANソリューションやモバイルセントレックスといったユビキタス社会に対応したソリューションを積極的に展開していますが、これらのソリューションを快適に利用していただくためにも、今後「電磁波シールド」を積極的に提案していく方針です。

  
  
≪「電磁波シールド」の種類・用途≫ 
材質 主な用途 シールド性能
天井、壁、床 40デシベル(99%)
特殊アルミシート 天井、壁、床 40デシベル(99%)
特殊アルミ付壁紙
帯電防止壁紙
天井、壁 30デシベル(96%)
特殊アルミフィルム 窓ガラス 25デシベル(92%)
ビニール長尺シート 30デシベル(96%)
  
  
≪「電磁波シールド」の主な利用シーン≫
☆企業オフィス
 無線LAN使用オフィスの場合、IPアドレスの混線を防ぎます。また、役員室のデータ管理・サーバへのセキュリティ対策として利用できます。
☆官公庁
 機密レベルの高い情報を管理しているコンピュータ施設に対し、外部からの侵入・内部からのデータの流出を防ぎます。
☆病院・医療施設
 外部電波による集中治療室や手術室など医療器具への誤作動を防ぎます。
☆精密機械工場・研究所・ハイテク施設
 外部電波から生じる精密機械の誤作動を防ぎます。また強電界で実験を行う施設では、他の機器類への誤作動を防ぎます。
  
  
  
≪「電磁波シールド」施工例≫
  
  
  
【本件に対する問い合わせ先】
 株式会社協和エクシオ
 ITソリューション事業本部 ITソリューション営業本部
 電話:0120-894049  メールアドレス: info-it@hqs.exeo.co.jp



以上