閉じる

ニュースリリース

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日時点の情報であり、現時点では
発表日時点の情報と異なる場合もありますので、 ご了承いただくとともにご注意をお願いします。

2004年



平成16年4月20日
各   位
公開買付けの開始に関するお知らせ

当社は、平成16年4月20日開催の取締役会において、和興エンジニアリング株式会社(JASDAQコード番号1756、以下「和興エンジニアリング」という)の株式を公開買付けにより取得することを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.公開買付けの目的

 当社を取り巻く情報通信分野におきましては、政府による「e-Japan戦略U」により、世界最先端のIT国家となる目標に向かい大きな変化と成長が期待されております。情報通信事業者においては、デジタル技術の急速な進歩によりサ−ビスの多様化・低料金化が進み事業者間でし烈な競争が繰り広げられている状況であります。このような環境変化に伴い通信設備建設業界においても受注環境は日増しに厳しくなってきており、業者間の競争も激しさを増してきております。
 このような状況下で当社は、情報通信ネットワ−クの施工会社としての既存事業に留まることなく、蓄積してきた技術力の有機的結合と連携により、付加価値を創造し、事業領域を深堀・拡大し競争力の強化と企業の安定成長を目指す所存であります。
 一方、和興エンジニアリングは、当社と同じ通信設備建設会社であり、主に首都圏を営業基盤とするユ−ザ−周りの技術力に優れた特色ある企業であります。
 当社は、このような環境変化に対応するため、和興エンジニアリングと相互に協力し合い経営資源を有効に活用し、競争力及び新たな通信設備の構築に的確に対応できる技術力を強化するとともに、首都圏における営業基盤を強化することによる経営効率の更なる推進を図る狙いで、和興エンジニアリングをグループ会社にすることを目的として本公開買付けを行うに至りました。
 なお、本買付けにあたり、和興エンジニアリングの筆頭株主である古河電気工業株式会社(5,461千株)と主要株主である富士通株式会社(1,236千株)、富士通ネットワークソリューションズ株式会社(1,200千株)より、その保有する和興エンジニアリング株式全量(7,897千株)について本公開買付けに応募する旨の同意を得ております。
 また、和興エンジニアリングの取締役会において、本公開買付けに賛同の意を表明する旨の決議がなされております。

2.公開買付けの概要

  (1)対象会社の概要                                                     
@ 商号 和興エンジニアリング株式会社
A 主 な 事 業 内 容 電気通信設備工事、情報通信関連工事
B 設立年月 昭和23年5月
C 本店所在地 東京都港区芝五丁目12番13号
D 代表者 代表取締役社長 福井 敏明
E 資本の額 909百万円(平成15年9月30日現在)
F 大株主構成および持株比率(平成15年9月30日現在)

株 主 名 所有株式数
(千株)
持株比率
古河電気工業株式会社 5,461 32.31%
富士通株式会社 1,236 7.31%
富士通ネットワークソリューションズ株式会社 1,200 7.10%
冨美通信興業株式会社 1,193 7.06%
和興エンジニアリング従業員持株会 983 5.82%
住友電気工業株式会社 387 2.29%
株式会社みずほ銀行 286 1.69%
株式会社三井住友銀行 214 1.27%
株式会社協和エクシオ 144 0.85%
株式会社高文 132 0.79%
(注)和興エンジニアリングは、自己株式524千株(持株比率3.10%)を保有しております。

G 当社との関係
資本関係 平成15年9月30日現在、当社は和興エンジニアリングの株式144,000株(持株比率0.85%)を所有しております。また、特別関係者が236,000株(持株比率1.40%)を所有しております。
人的関係 当社と和興エンジニアリングとの間に人的関係はありません。
取引関係 平成15年3月期において、当社の和興エンジニアリングに対する売上高は14百万円、同社からの仕入高は21百万円であります。
  (2)買付けを行う株券等の種類
     普通株式

  (3)公開買付期間
     平成16年4月21日(水曜日)から平成16年5月11日(火曜日)までの21日間

  (4)買付価格
     1株につき271円

  (5)買付価格の算定の基礎
 1株につき271円の買付価格は、和興エンジニアリング株式の平成16年4月15日までの過去1ヶ月間の平均株価に約40%のプレミアムを加えた金額となります。上記価格は、同社の市場価格、財務状況などを総合的に勘案し、かつ過半数の株式を取得することを目的として決定したものです。

  (6)買付予定株式数
     8,076,000株
(注1) 応募株券の合計が買付予定株式数を超えない場合も、応募株券の全部を買付けます。
(注2) 応募株券の合計が買付予定株式数を超える場合は、その超過部分の全部又は一部の買付けは行わないものとし、証券取引法第27条の13第5項に規定するあん分比例の方式により、株券の買付け等に係る受渡しその他の決済を行います。

  (7)公開買付けによる所有株式数の異動
買付前の所有株式数 当社所有分 144,000株 (所有比率 0.85%)
  特別関係者の所有分 236,000株 (所有比率 1.40%)
  合  計 380,000株 (所有比率 2.25%)
買付後の所有株式数 当社所有分 8,220,000株 (所有比率 48.62%)
  特別関係者の所有分 236,000株 (所有比率 1.40%)
  合  計 8,456,000株 (所有比率 50.02%)

(注1) 買付後の所有株式数は、公開買付予定株式総数8,076,000株を買付けた場合の株式数です。
(注2) 所有比率は和興エンジニアリングの発行済株式総数16,905,000株(平成15年9月30日現在)を基準に算出しています。
(注3) 買付予定株式数8,076,000株を買付けた場合に当社が取得する議決権は51.62%となります。(特別関係者の所有分を含んでおります) この場合の議決権の比率は、和興エンジニアリングの平成15年9月30日現在の保有する自己株式524千株を控除した16,381千株をもとに議決権数を16,381個として計算しております。

  (8)公開買付開始公告日
     平成16年4月21日(水曜日)
  (9)公開買付代理人
     野村證券株式会社
  (10)買付けに要する資金
     約2,188百万円(買付価格で買付予定株式総数を買付けた場合)


3.対象会社との公開買付けに関する合意

 本公開買付けについては、和興エンジニアリングの本日開催の取締役会において賛同する旨が決議されております。

4.今後の見通し

 本公開買付けにより、和興エンジニアリングは平成17年3月期から当社の連結子会社になる見込みですが、当社の今期連結業績見通しへの影響額が明らかになった時点で別途お知らせいたします。


以上