閉じる

ニュースリリース

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日時点の情報であり、現時点では
発表日時点の情報と異なる場合もありますので、 ご了承いただくとともにご注意をお願いします。

2003年

平成15年3月18日
各  位
平成15年3月期業績予想(単独)の修正および
平成16年3月期業績予想(単独)に関するお知らせ



T.平成15年3月期業績予想数値の修正(平成14年4月1日〜平成15年3月31日)

平成15年3月期の業績予想について、平成14年11月15日の中間決算発表時に公表した業績予想を下表のとおり修正いたします。

1.平成15年3月期連結業績予想数値の修正(平成14年4月1日〜平成15年3月31日)


1.業績予想修正の理由


 景気の動向は引続き回復の兆しが見えず、当期下半期以降の情報通信設備投資においても当社の想定した以上に厳しい抑制傾向が続いてまいりました。このような状況のもと、当社といたしましては更なる営業努力、コスト削減努力を重ねておりますが、当期の業績が前回発表予想数値を下回る見込みとなったことから、通期業績予想を修正いたします。
 なお、連結の通期業績予想につきましては、明らかになった時点で速やかにお知らせいたします。


(1)売上高
 売上高につきましては、NTT関連通信設備工事は前回発表予想数値をほぼ達成するものの、一般民需工事においては下回ると予想されることから、全体として前回発表予想数値を下回る見込みであります。

(2)経常利益
 経常利益につきましては、売上高減少による工事利益額の減少に加え、工事採算性の低下により前回発表予想数値を大幅に下回る見込みであります。
 当社では従来よりコスト削減施策を実施しておりますが、外注費の圧縮につきましては、工事の繁閑に十分対応できなかった等のため効果が表れず、工事採算性が低下する見込みであります。一方人件費の削減につきましては当初の計画を達成する予定であり、売上高減少に伴う固定費比率の上昇は軽微に留まる見込みであります。

【連結でのコスト削減計画】



(3)当期純利益
 当期純利益につきましては、経常利益悪化のほか、特別損失において有価証券評価損が5億円、特別退職金等が2億円増加すると予想されることから、前回発表予想数値を大幅に下回る見込みであります。



2.配当予想
 配当金につきましては、安定した配当を継続するという基本方針にもとづき、前回発表どおり1株あたり11円(うち中間 5円、期末 6円)を予定しております。


U.平成16年3月期業績予想(平成15年4月1日〜平成16年3月31日)

 来期におきましても厳しい環境が継続するものと予想され、当期を上回る売上高の確保は困難と思われるため、利益確保を最優先課題としてより一層の効率化とコスト削減を図ります。
 また、今後の情報通信サービス・ニーズの動向等を踏まえ、将来の成長を見据えた受注体制の強化をさらに進めてまいります。




(参考)平成15年3月期 受注高・営業利益の予想について

以上