事業案内

エンジニアリングソリューション

通信インフラ事業

電気・土木・環境インフラ事業

システムソリューション

ネットワーク インテグレーション

・ネットワーク/サーバー
(回線、データセンター含む)
・無線LAN
・コミュニケーション インフラ
(ユニファイドコミュニケーション、電話システム)
・監視カメラ/映像ソリューション
・ジオソリューション
(位置情報サービス)
・IoT/センシング
・セキュリティー
・施設向けソリューション
(病院、ホテル、マンション…)
・事務所移転/拠点展開
・防災/減災/災害対策
・省エネ/スマートエネルギー
・ホームネットワーク

システムインテグレーション

電波不感エリア向け無線LAN
漏洩同軸ケーブル(WBLCX)で導入コストを低減します 漏洩同軸ケーブルの写真

従来の無線APでは電波遮蔽体の陰などで、電波不感地帯が発生し、解消のためにAPの設置台数を増やすことでシステム全体のコストアップにつながっていました。当社は、株式会社フジクラとタイアップし、この問題を解決する手段として新しい漏洩同軸ケーブル(WBLCX:Wide-band Leaky Coaxial Cable)を使った無線LANを提案しており、導入コストの低減を実現しております。また、ケーブルの特徴を生かし、学校・病院・ホテル・オフィスの会議室など居室の多い建物、地下街・倉庫・ショッピングモールなど複雑なレイアウトへの導入や、搬送システムなどの工場用途への導入にも期待ができます。
協和エクシオは、豊富な無線LAN構築実績により、お客様の細やかなニーズに対し、最適なエリア設計、設置計画、運用保守をご提案します。

特長
  • 不感地帯対策に最適
    AP(アクセスポイント)1台あたりのカバーエリアを自由にデザイン可能。遮蔽物の多い場所や地下でも、効率的なシステム設計が可能です。
  • 導入コストの低減
    電波不感帯を解消するため、CA(同軸)導体を採用し、軽量化を実現するとともにAP設置台数を抑えて導入コストを低減します。また暗所でもスロット位置が特定できる突起付構造で、天井裏のような場所への配線作業性も良好です。
  • 省エネ化、保守費用の低減
    AP台数が削減され、省エネ化、更新費用が低減。また低損失同軸ケーブルでAPと漏洩同軸ケーブルを接続することで、APを保守容易な場所に設置できます。漏洩同軸ケーブルは長寿命でメンテナンスフリー。
  • マルチパス環境に強い
    特定方向からの電波のみ受信します。また移動体近傍に漏洩同軸ケーブルを敷設し、高い信頼性の通信エリアを構築することも可能です。
仕組み
  • ケーブル型アンテナ
    • LCX(Leaky Coaxial Cable:漏洩同軸ケーブル)は、同軸ケーブルの外部導体に設けたスロットから電波の送受信を行うケーブル型アンテナです。
    • スロットはケーブルの長手方向に連続的に存在するので、LCXの周辺に安定した通信環境を構築できます。
  • 電波不感帯を解消
    電波が通らない障害物がある、また、曲がりくねった通路のような場所でも1本のLCXを敷設することで通信が可能となります。
製品構造概要図 基本構成概要図 電波不感帯解消概要図
事例
事例1 集合住宅やホテルなどのWBLCX利用
  • 電波不感地帯の解消
  • 省エネ化/省コスト化
  • メンテナンスが容易
集合住宅やホテルなどのWBLCX利用概要図
事例2 工場内でのWBLCX利用
  • 電波不感地帯の解消
  • 他の電波との混信解消
  • 省エネ化
工場内でのWBLCX利用概要図
事例3 洞道やトンネルでのWBLCX利用
  • 電波不感地帯の解消
  • 省エネ化/省コスト化
  • メンテナンスが容易
洞道やトンネルでのWBLCX利用概要図
事例4 金属棚間でのWBLCX利用
  • 電波不感地帯の解消
  • 省エネ化/省コスト化
  • メンテナンスが容易
金属棚間でのWBLCX利用概要図

お電話でのお問い合わせ先

  • ICTソリューション事業本部 ソリューション営業本部
  • 電話: 03-5778-1083
  • 受付時間: 平日 9:00~17:30

▶ページトップへ

▶ページトップへ