事業案内

エンジニアリングソリューション

通信インフラ事業

電気・土木・環境インフラ事業

システムソリューション

ネットワーク インテグレーション

・ネットワーク/サーバー
(回線、データセンター含む)
・無線LAN
・コミュニケーション インフラ
(ユニファイドコミュニケーション、電話システム)
・監視カメラ/映像ソリューション
・ジオソリューション
(位置情報サービス)
・IoT/センシング
・セキュリティー
・施設向けソリューション
(病院、ホテル、マンション…)
・事務所移転/拠点展開
・防災/減災/災害対策
・省エネ/スマートエネルギー
・ホームネットワーク

システムインテグレーション

長距離伝送可能な無線LAN
電波到達距離6倍! GoNET SYSTEMS製 GoBeamシリーズ GoNET SYSTEMS製 GoBeamシリーズ イメージ

無線LANの問題点である、「電波が弱く使いたい場所で使えない(屋外)」、「電波干渉で無線LANが不安定、速度が遅い」、「無線LAN利用者が混雑している時、接続が不安定、速度が遅い」などの課題に対し、GoNET SYSTEMS GoBeamシリーズは、これらの問題を改善し安定かつより広域な無線LANを実現する事により解決します。
協和エクシオは、豊富な無線LAN構築実績により、お客様の細やかなニーズに対し、最適なエリア設計、設置計画、運用保守をご提案します。

特長

通信距離の向上

  • MIMO xRF™ beamforming技術により、カバー範囲を広く保ったまま、通信距離を飛躍的に向上させます。

アクティブ・フェイズドアレイ技術

  • アンテナの指向性を電子制御し伝搬を効率化これまでの無線LANシステムに比べ最大6倍、最長1.0km(※)の通信距離を実現。※お客様の環境により伝送距離に変化があります。

電波干渉の改善

  • MIMO xRF™ beamforming技術により、複数の内蔵アンテナを使って位相を制御し、端末毎に指向性のあるビームが送出されるため、周辺の電波干渉からの影響が軽減されます。
    また、周辺の無線LANに対して影響が少ないメリットもあります。

無線LAN混雑時の接続性

  • MIMO xRF™ beamforming技術により、混雑した無線環境においても高い接続性を確保します。
    更に、5GHz周波数帯(W56)をお使い頂ければ、2.4GHzの混雑とは無縁な、快適な無線接続が得られます。

» このソリューションをチェックしたお客様はこんなソリューションもチェックしています。

仕組み

GoNET SYTEMS GoBeam シリーズ 製品仕様

機器名:GoBeam8000

項目 仕様
外観
無線規格 IEEE802.11 a/b/g/n
※ac対応予定
利用周波数 2.4GHz /5GHz
アンテナ 2.4GHz (水平120°垂直44°13dBi)
5GHz (水平120°垂直26°14dBi)
(+45/-45偏波面多重方式)
セキュリティー WPA /WPA2(WPA-PSK,WPA-EAP)
MACフィルタ、802.1x認証
Radius MAC認証
同時接続数 500台 ( 2.4GHz : 250台、5GHz : 250台 ) ※
※ ( 認証方式により、最大接続数が変化します。 )
最大SSID 28個( 2.4GHz:14個、5GHz:14個)
電源 44W(最大)、31W(通常使用時)
寸法・重量 35(W)×30.5(H)×9(D)cm 5.6kg
使用温度・使用湿度範囲 -40~60℃
10%~95% ※結露なきこと

» このソリューションをチェックしたお客様はこんなソリューションもチェックしています。

事例
事例1 スタジアム・イベントホール向け無線LAN

無線LAN端末が密集、かつ広い会場では、電波の伝送距離、干渉対策が重要ですが、GoNETのビームフォーミング技術が有効です。
(10000クライアントなど多数同時接続が想定される場合には、複数アクセスポイントによる負荷分散やチャネル設計が必要になり設計が複雑になりますので、別途ご相談ください。)

 
事例2 シアター向け無線LAN

コンテンツ、ゲームデータ配信等、無線LAN端末が密集する閉空間においては、輻輳時の負荷分散および電波制御が必要となります。
GoNETのビームフォーミング技術により端末収容効率が向上します。

事例3 商店街・公園向け無線LAN

地域コミュニティの活性化、災害時の通信インフラ等、広域への無線LAN提供にはGoNETが最適です。また、802.11j(4.9GHz帯)を利用した中継網の構築、防犯カメラ等のインフラとしても応用可能です。

 
事例4 学校向け無線LAN

クラウドベースの教育支援ツールと組み合わせ、シンプルなICT環境を構築するには、GoNETのビームフォーミング技術が有効です。数十台のタブレット端末、PC等が同時接続する授業では、無線LANの性能差が顕著に出ます。

事例5 農業ICT向け無線LAN

広域のエリアカバーを行えるGoNETの利用で少ないアクセスポイント数で敷地全域をカバーします。
遮蔽物の無い広大な農地ではGoNETの性能を最大限に発揮できます。センシング技術、クラウド技術と連携した農業ICT環境構築が容易に行えます。

 
事例6 工場・倉庫向け無線LAN

配線、設置環境の問題で施設全域への無線LAN導入を見送っていた、工場、倉庫に広域のエリアカバーを行えるGoNETの利用で導入コストを抑えたインフラ構築が可能です。
伝送距離のメリットを生かし防爆エリア、クリーンルーム等、設置が困難な個所の無線LANエリア化も検討可能です。

事例7 体育館向けGobeam8000導入

「学校の体育館で無線LANを使いたいが、某大手メーカーA社では、隅々まで電波環境を整えるのに、約6台のアクセスポイントを設置しなければならない。機器費、配線費用を考えるとコスト的に導入できない。どうすれば・・・?」


そのようなお問い合わせを『GoNET SYSTEMS社GoBeamシリーズ』、Gobeam8000が1台で解決。機器費は約2分の1に、工事費は約3分の1になりました。本無線LANは、一般的な無線LAN機器に比べ、無線到達エリアが広く、距離が伸びるため、アクセスポイント数を少なくすることができます。

 
事例8 学校向けGobeam8000検証報告

学校を担当しているベンダー様から、「学校に無線LANを導入するが、他社ベンダー提案に価格と内容で差異が出る提案は無いか?屋外にアクセスポイントを設置して、建物内へ窓越しから無線LANエリア提供が出来た海外事例があるように聞いた。Gobeamでの検証は可能か?予算が限られているが、各教室への無線LAN環境は必須。校舎内へのアクセスポイントの設置場所が限定されるため、一般的な無線LANだと莫大な配線工事費用がかかってしまう。」


そのようなお問い合わせをいただき、『GoNET SYSTEMS社GoBeamシリーズ』Gobeam8000とエクシオ社のAP構築技術・経験を生かして、お客様環境下で実地検証を行い、安定した通信状態が確保できていることを確認しました。

詳細

このソリューションをチェックしたお客様はこんなソリューションもチェックしています

  • 「 屋外無線 LAN 」
  • 無線通信インフラとして、屋外 Wi - Fi を導入するサービスです。ケーブル敷設が困難な箇所、道路をはさんだビル間通信としても利用できます。
  • 「 企業・学校内無線 LAN 」
  • 業務や授業でのスマートフォン、タブレットの導入、BYOD ( Bring Your Own Device ) の実現、フリーアドレスを実現する無線 LAN を導入するサービスです。

お電話でのお問い合わせ先

  • ICTソリューション事業本部
  • 電話: 03-5778-1083
  • 受付時間: 平日 9:00~17:30

▶ページトップへ

▶ページトップへ