事業案内

エンジニアリングソリューション

通信インフラ事業

電気・土木・環境インフラ事業

システムソリューション

ネットワーク インテグレーション

・ネットワーク/サーバー
(回線、データセンター含む)
・無線LAN
・Microsoft
( マイクロソフト ) 製品
・コミュニケーション インフラ
(ユニファイドコミュニケーション、電話システム)
・監視カメラ/映像ソリューション
・ジオソリューション
(位置情報サービス)
・IoT/センシング
・セキュリティー
・施設向けソリューション
(病院、ホテル、マンション…)
・事務所移転/拠点展開
・防災/減災/災害対策
・省エネ/スマートエネルギー
・ホームネットワーク

システムインテグレーション

Microsoft 365 導入サービス
業務効率向上・働き方改革に役立つオールインワンクラウドサービス
Microsoft 365 の導入サービスをご提供します
Microsoft 365 導入サービスのイメージ

◆ Microsoft 365 のクラウドサービス

  • Microsoft 365 のクラウドサービスを活用することにより “ いつでも ”、“ どこでも ”、“ 安全な方法で ” 業務を行え、「 業務効率の向上 」、「 働き方改革 」 に役立ちます。
  • 従業員のコミュニケーションやチームワークを支援する安全性の高いワークススペースが提供されます。
  • クラウドへデータを蓄積することによりインテリジェントな分析、業務の効率化への活用を図ります。
  •  
  • Microsoft 365 には、Microsoft 365 Enterprise と Microsoft 365 Business が含まれます。
    • Microsoft 365 Enterprise :
      大企業など大規模な組織向けに設計されており、以下のサービスがパッケージ化された安全かつインテリジェントな統合ソリューションです。従業員が創造力を発揮し、安全かつ確実に連携できるようにします。

      • Office 365 Enterprise
      • EMS ( Enterprise Mobility + Security )
      • Windows 10 Enterprise
      • さらにMicrosoft 365 Enterprise は、以下の2つのプランが提供されます。
        • Microsoft 365 Enterprise E3
        • Microsoft 365 Enterprise E5
    • Microsoft 365 Business :
      最大 300 人のユーザーを持つ中小企業向けに設計されており、以下のサービスがパッケージ化、統合されています。従業員の能力を強化し、ビジネスを保護し、IT管理を簡素化するサービスを提供します。

      • Office 365 Premium
      • EMS ( Enterprise Mobility + Security )
      • Windows 10 Pro

◆ 協和エクシオの Microsoft 365 導入サービス

  • Microsoft 365 の導入にあたって設計、設定などの環境構築をします。
  • またお客様のご要望により既存データのクラウド移行や Microsoft 365 利用環境のソリューションの開発をします。
  • Microsoft 、マイクロソフト、Windows、Office 365 は米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
  • その他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

特長

Microsoft 365 のクラウドサービス

創造力を最大限に発揮

チームワークを強化

  • インテリジェントなアプリで優れたコンテンツを作成。
  • インク、音声、タッチ機能で自然に作業。
  • 情報を新しい方法で視覚化。
  • どのデバイスでもつながる。
  • メールと予定表を Exchange で。
  • 人、コンテンツ、アプリにつながるための SharePoint 。
  • 音声、ビデオ、チャットを Skype と Microsoft Teams で。
  • 組織を横断して人のネットワークを作る Yammer 。
  • Office 365 Business / ProPlus で共同編集。

統合によるシンプルな管理

インテリジェント セキュリティー

  • 展開、管理、サービスの TCO を最小化。
  • PC 、Mac 、iOS 、Android のプラットフォームを幅広くサポート。
  • 全社員を包括的に管理。
  • ID ( Identity : 認証情報 )とアクセスの管理。
  • 情報の保護。
  • 脅威の防止。
  • セキュリティー管理。
  • GDPR 準拠を促進。
  • TCO ( Total Cost of Ownership ) :総所有コスト。
  • GDPR ( The General Data Protection Regulation ) :EU 一般データ保護規則。EU ( 欧州連合 ) 内のすべての個人のデータ保護およびプライバシーに関する EU 法の規制。EU 域外への個人データの輸出も規制対象。

Microsoft 365 のセキュリティー

ID & アクセス管理
  • パスワード攻撃に対する保護:パスワードをより強力な 2 要素認証に置き換えて強化するなど、執拗な脅威から認証情報を保護します。
    • Windows Hello ( 生体認証 ( 顔認識または指紋 ) を使用します。迅速かつ安全にログインできます。 )
    • Multi-Factor Authentication ( 多要素認証。Exchange Online メールボックスや OneDrive for Business ファイルを含むクラウドサービスへのパスワードのみのアクセスを防ぎます。 )
    • Intune device configuration ( 紛失または盗難にあったデバイスへのログインはポリシーの設定でパスワードや PIN ( Personal Identification Number:暗証番号 ) の入力を要求し、複数回のログインエラー時は企業データを消去します。 )
  • アクセス管理:侵害された ID ( Identity : 認証情報 ) が悪用されないよう未然に防止します。
    • Azure Active Directory Conditional Access ( 特定の条件に基づいてアプリへのアクセスを制御します。適切な人々が特定の条件下でリソースにアクセスできる一方で、他の状況下ではアクセスをブロックできるように制御します。 )
    • Credential Guard ( 攻撃者が Pass - the - Hash または Pass - the - Ticket 攻撃を通じて組織内の他のリソースにアクセスするのを防ぎます。 )
  • ID に関連した脅威の検出と対処:企業ユーザーがクラウドアプリケーションをより安全に使用できるよう管理します。
    • Cloud App Security ( アクセス、データ共有、またデータ保護のきめ細かい制御とポリシー設定を使用して安全なクラウド環境を整備します。ネットワーク内のすべてのクラウドアプリケーションの危険性の高い使用状況およびセキュリティー上の問題を特定するとともにユーザーの異常な行動を検出し、脅威を防止します。 )
情報の保護
  • クラウドアプリケーションのセキュリティー管理:オンプレミスアプリケーションのセキュリティーも確保します。
    • Microsoft Cloud App Security ( オンプレミスアプリケーションに対して条件付きアクセス制御を適用し、リアルタイムでユーザー動作の監視・制御ができ、機密文書の不正なダウンロードをブロックできます ( 管理されていないデバイスや企業ネットワーク外からアプリケーションにアクセスしての機密文書のダウンロードをブロック。 )
  • データ漏えい防止:情報の保存場所や共有先に関係なく、情報へのアクセスを制御します。
    • Office 365 Data Loss Protection ( Office 365 環境内のファイルを機密性に応じてラベル付け分類し、ラベルに応じたポリシーでデータ損失を防ぎます。 )
    • Azure Information Protection + Azure Rights Management ( 主にOffice 365 環境外のファイルを機密性に応じてラベル付け分類し、機密データを暗号化 ( Azure Rights Management ) し、使用権を定義します。情報の保存場所や共有先に関係なく、情報へのアクセスを制御できます。 )
    • Microsoft Intune ( モバイルデバイス管理に条件付きアクセス制御を適用し、管理されていないデバイスへのファイルのダウンロードをブロックします )
    • Windows Information Protection + BitLocker ( BitLocker はWindows 10 デバイスのディスク全体を暗号化し、デバイスの紛失や盗難時のデータ漏えいを防ぎます。Windows Information Protection は Windows 10 デバイス 内で企業データと個人データを分離し、企業データを偶発的なデータ漏えいから保護します。例えば企業データを個人データエリアや USB メモリーにコピーできないようブロックします。 )
脅威の防止
  • セキュリティー リスクの評価・分析・予防:セキュリティー評価・分析をして、セキュリティーリスクを把握でき、ポリシーおよび改善計画の策定に役立てることができます。
    • Office 365 Threat Intelligence ( 脅威インテリジェンスデータの膨大なデータベースを活用して、攻撃の挙動や不審な動作に対応するパターンを見つけます。 )
  • シャドー IT ( 私物のパソコン、スマートホン、タブレットなど管理されていないデバイスの使用 ) の可視化:リスクの高いクラウドアプリケーションを検出し、管理します。
    • Microsoft Cloud App Security ( アクセス頻度が極めて低い場所からのアクセス、また管理外デバイスや危険な IP アドレスからのアクセスなど、環境内のすべての SaaS ( Software as a Service ) アプリケーションの異常な動作を検出して警告します。 )
  • 電子メールを介した未知の脅威からの保護:未知のマルウェアやフィシング攻撃に対する防御に役立つゼロデイ保護を提供します。
    • Office 365 Advanced Threat Protection ( 機械学習モデルや高度ななりすまし検出アルゴリズムを利用して受信メッセージをチェックし、未知のマルウェア、ウィルス、ランサムウェア、フィッシング攻撃などを検出、設定されたポリシーに則って組織を保護します。 )
  • 不審な動作の検出:機械学習などを利用して、不審な動作を特定します。
    • Microsoft Advanced Threat Analytics ( 複数のデータソースからネットワーク内のログやイベントなどの情報を収集して、ユーザーと環境内の他のエンティティーの動作を学習、分析し、不審な動作 ( 悪意のある攻撃、異常な動作、セキュリティーの問題とリスク ) を検出します。 )
  • 高度な脅威の検出と対処:人工知能、機械学習、およびその他の手段を使用して、攻撃を軽減し、リスクの高い動作を特定し、被害を受ける前に迅速に攻撃を阻止します。
    • Microsoft Defender Advanced Threat Protection ( Windows 10 デバイスの OS に組み込んだ動作センサーで収集したセンサーデータを分離されたクラウドインスタンス ( 仮想コンピュータ ) へ送り、機械学習、動作分析を利用して、ネットワーク上の高度なゼロデイ攻撃やデータ侵害を検出、調査し、被害を受ける前に迅速に攻撃を阻止します。 )

» このソリューションをチェックしたお客様はこんなソリューションもチェックしています。

詳細

協和エクシオの Microsoft 365 導入サービス

Microsoft 365 導入サービス

基本作業 データ移行 開発
  • Microsoft 365 の導入計画・設計・設定・拠点展開などの環境構築をします。
  • お客様のご要望により、既存で利用していたメールやファイルなどのリソースを最適な方法でクラウドへ移行します。
  • お客様のご要望に合わせて
    Microsoft 365 利用環境に合わせたソリューションの開発をします。
  • Microsoft の推奨する FastTrack のフレームワークによるサービスをご提供いたします。
  • 全国一元的に導入サービスをご提供いたします。
  • FastTrack :FastTrack は、Office 365 や Enterprise Mobility Suite といったマイクロソフト クラウド サービスにお客様がスムーズかつ確実に移行できるようにする成功支援サービスです。

Microsoft 365 導入サービス オプション

  • Active Directory 連携サービス
    • AD 同期やAD FSによるクラウド環境との認証システムの構築をします。
  • Microsoft 365 専用ネットワーク
    • 既存のネットワークに影響を与えないように Microsoft 365 専用のネットワーク構築をします。
  • Microsoft 365 利用デバイス提供サービス
    • ユーザーが利用するタブレット端末 Surface Pro や会議用の大画面デバイス Surface Hub などのデバイスをご提供いたします。
  • AD ( Active Directory ) 同期:オンプレミスのドメインコントローラーとクラウド上のドメインコントローラーとの間で定期的にデータベースの内容を同一にする処理。
  • AD FS ( Active Directory Federation Services ) :オンプレミスとクラウド環境など異なるドメインに配置されたシステムやアプリケーションへのシングルサインオンアクセスをユーザーに提供するサービス。
  • シングルサインオン ( Single Sign - On ) :1 回のサインオン ( ユーザー認証 ) で複数のコンピューターやアプリケーション、サービスなどにアクセスし利用できるようにすること。

» このソリューションをチェックしたお客様はこんなソリューションもチェックしています。

Microsoft 365 の製品構成

Microsoft 365 Business
  • Office 365 Business Premium
  • Windows 10 Pro
  • Enterprise Mobility + Security ( EMS ) ※
  •  一部の機能のみ:Office モバイル アプリのアプリケーション保護、Windows 10 PC 用 MDM ( Mobile Device Management ) 、企業データの選択的ワイプ、AAD ( Azure Active Directory ) 自動登録
Microsoft 365 Enterprise E3
  • Office 365 Enterprise E3
  • Windows 10 Enterprise E3
  • Enterprise Mobility + Security ( EMS ) E3
Microsoft 365 Enterprise E5
  • Office 365 Enterprise E5
    ( Office 365 E3 、Skype for Business Online Phone System 、Power BI Pro 、その他のサービス )
  • Windows 10 Enterprise E5
    ( Windows 10 Enterprise E3 および Microsoft Defender Advanced Threat Protection )
  • Enterprise Mobility + Security ( EMS ) E5
    ( EMS E3 、Microsoft Cloud App Security 、Azure Active Directory Premium Plan 2 および Azure Information Protection Plan 2 )

Microsoft 365 のご提供プランの比較

項目 Business
Plan
Enterprise
Plan
Microsoft
365
Business
Microsoft
365
Enterprise
E3
Microsoft
365
Enterprise
E5
最大ユーザー数 300 無制限 無制限
ユーザーごとにインストール可能な Office
  • 最大 5 台のWindows PC / Mac
  • 最大 5 台のタブレット
  • 最大 5 台のスマートフォン
Office 365
Business
Office 365
ProPlus
Office 365
ProPlus
Office アプリケーション Word 、Excel 、PowerPoint 、OneNote
Publisher ( Windows PC のみ )
Access ( Windows PC のみ )
メールと予定表 Outlook
Exchange Online

( 50GB )

( 無制限 )

( 無制限 )
音声会議 & ビデオ会議 Teams
Skype for Business
Audio Conferencing ( 電話会議 )
Phone System ( 電話システム ) 
ソーシャル & インターネット SharePoint ( チーム内ファイル共有・共同作業ツール )
Yammer ( ソーシャル・ネットワーク・サービス )
ファイル共有 Microsoft Stream ( 企業向け動画サービス )
Sway for office 365 ( Web ページ様プレゼンテーション・レポート作成ツール )
OneDrive for Business Plan 1 ( クラウドファイル管理 )
( 1 TB / user )
OneDrive for Business Plan 2 ( 高度なデータ損失防止機能付きクラウドファイル管理 )  
( 無制限 )

( 無制限 )
タスク管理 PowerApps and Flow ( 業務アプリ作成支援サービス )
Planner ( タスク管理ツール )
ビジネスアプリ Bookings ( オンライン予約管理サービス ) ○( *1 ) ○( *1 ) ○( *1 )
Outlook Customer Manager ( 中小企業向け顧客管理ツール )    
Invoicing ( 見積もり・請求書作成サービス ) ○( *1 )    
デバイス管理 & アプリ管理 Microsoft 365 Admin Center ( テナント管理者用の管理ページ )
Microsoft Intune ( ID 管理 / モバイルデバイス管理 / データ保護サービス ) ○ ( *2 )
Windows AutoPilot ( 自動デバイス セットアップ クラウドサービス )
Windows Analytics Device Health ( デバイスの正常性監視 )  
System Center Configuration Manager ( クライアント デバイス構成管理用統合管理コンソール )  
ID & アクセス管理 Windows Hello ( 生体認証機能 )
Credential Guard ( 認証情報の保護 )  
Direct Access ( VPN によらない、リモートから社内ネットワーク / リソースへの接続 / アクセス手段 )  
Azure Active Directory Connect Health ( オンプレミスの ID インフラストラクチャと同期サービスを監視・分析 )  
Azure Active Directory Premium Plan 1 ( AD 同期 / シングルサインオン / Azure AD アカウントのパスワードリセット / Multi - Factor Authentication ( 多要素認証 ) / Conditional Access ( 条件付きアクセス ) など)
Azure Active Directory Premium Plan 2 ( Plan 1 + Azure AD Identity Protection ( ID 保護 ) / Azure AD Privileged Identity Management ( 特権 ID 管理 ) )    
情報の保護 Office 365 Data Loss Prevention ( データ損失防止 )
Windows Information Protection and BitLocker ( 企業データの暗号化による漏えい保護 )
Azure Information Protection Plan 1 ( データ管理・保護機能 )
Azure Information Protection Plan 2 ( Plan 1 + 保護自動化機能 )    
Microsoft Cloud App Security / Office 365 Advanced Security Management ( クラウドサービスにわたるサイバー脅威を特定して対処するための高度な分析機能 )    
脅威の防止 Microsoft Defender Antivirus ( ウイルス対策 )
Microsoft Defender SmartScreen ( 既知の悪意のあるサイトへのアクセス防止 )
Microsoft Defender Firewall ( ファイアウォール )
Microsoft Advanced Threat Analytics ( 不審な動作を学習し、分析・識別 )  
Microsoft Defender Device Guard ( 構成可能なコードの整合性保護を適用したアプリケーション実行制御 )  
AppLocker ( 許可されたアプリケーションのみ実行可能とする )  
Microsoft Defender Advanced Threat Protection ( サンドボックスを利用した脅威検知機能 )    
Office 365 Advanced Threat Protection ( 電子メールと URL をスキャンし、メールボックスに侵入する前に悪意のあるファイルを特定 )  
Office 365 Threat Intelligence ( 組織への攻撃状況を可視化するツール )    
Azure Advanced Threat Protection ( 脅威の監視・特定分析・報告 / 認証情報保護 )    
コンプライアンス ( 法令順守 ) Exchange Online Archiving ( メールアーカイブ )
eDiscovery search ( 電子情報開示コンテンツ検索 )
eDiscovery export ( 電子情報開示コンテンツ検索結果エクスポート )
eDiscovery holds ( 電子情報開示ケースの保留 )
 
Advanced Compliance ( 高度なコンプライアンス ) :
  • Advanced eDiscovery ( 高度な電子情報開示機能 )
  • Customer Lockbox ( データアクセスの制御機能 )
  • Advanced Data Governance ( 高度なデータ保持管理 )
  • Service Encryption with Customer Key ( 顧客キーによるサービスの暗号化 )
  • Office 365 Privileged Access Management ( 特権アクセス管理の構成 )
   
セキュリティーおよびコンプライアンス管理 Microsoft Secure Score ( セキュリティー設定評価・保護対策管理機能 )
Microsoft 365 security center ( セキュリティー管理ページ )
Microsoft 365 compliance center ( 電子情報開示管理ページ )
Microsoft 365 Security and Compliance Center ( セキュリティーおよび電子情報開示管理ページ )
Office 365 Security and Compliance Center ( セキュリティーおよび電子情報開示管理ページ )
分析 Delve ( 機械学習活用ツール : ユーザーに関連性の高いコンテンツや洞察を提供 )
MyAnalytics ( ユーザー個人の生産性分析ツール )
( *3 )

( *3 )
Power BI Pro ( ビジネス分析・視覚化ソリューション )    
  • *1米国、英国、カナダで提供。
  • *2一部の機能のみ。Office モバイル アプリのアプリケーション保護、Windows 10 PC 用 MDM ( Mobile Device Management ) 、企業データの選択的ワイプ、AAD ( Azure Active Directory ) 自動登録。
  • *3一部の機能のみ。

このソリューションをチェックしたお客様はこんなソリューションもチェックしています

お電話でのお問い合わせ先

  • ICTソリューション事業本部 クラウド ・ I o T 本部
  • 電話: 03-5778-1123
  • 受付時間: 平日 9:00~17:30

▶ページトップへ

▶ページトップへ