事業案内

エンジニアリングソリューション

通信インフラ事業

電気・土木・環境インフラ事業

システムソリューション

ネットワーク インテグレーション

・ネットワーク/サーバー
(回線、データセンター含む)
・無線LAN
・コミュニケーション インフラ
(ユニファイドコミュニケーション、電話システム)
・監視カメラ/映像ソリューション
・ジオソリューション
(位置情報サービス)
・IoT/センシング
・セキュリティー
・施設向けソリューション
(病院、ホテル、マンション…)
・事務所移転/拠点展開
・防災/減災/災害対策
・省エネ/スマートエネルギー
・ホームネットワーク

システムインテグレーション

ため池遠隔水位監視システム
ため池の決壊防止や被害回避のため、水位の異常変動を警報通知メールでお知らせします ため池遠隔水位監視システムのイメージ

ため池は全国に約21万箇所あり、そのうち約70%が江戸時代以前に作られたもので、地盤や堤などの老朽化が懸念されています。近年多発している集中豪雨によってため池が決壊し、下流の農業施設や住宅に被害をもたらす事態が生じています。また、ため池の様子を確認に行き増水で流されるといった人命に関わる事故も発生しています。
このようなため池に関わる災害の防災・減災を目的とした、ため池を遠隔で監視できる新たなソリューション、「ため池遠隔水位監視システム」を協和エクシオからご紹介します。
ため池の水位をセンサーで常時モニタリングしてクラウドサーバーへ送り、インターネットを介して、「現在/過去水位」、「予測水位」などの情報を農家の自宅など遠隔で監視することができます。様子を見にため池に足を運ぶことは不要となります。
また水位が急激に変動すると農家で構成する水利組合や自治体など関係各所に警報通知メールを送信します。それによって水門を開くなど、ため池の決壊を防ぐ対策をタイムリーに実行することが可能となります。
更にシステムの構成により、ため池に漏水が起きているか検知することも可能です。漏水を放置しておくと決壊をもたらす危険性が高まります。漏水を検知できれば、堤の補修などの対策を予め施すことができます。

特長

ため池の水位情報を遠隔で監視できます!

  • インターネット経由で、クラウドサーバーにアクセスし、ため池の水位情報を数値やグラフで確認できます
    • 現在水位情報
    • 過去水位情報
    • 水位の変動量情報
    • 予測水位情報
  • 農家の自宅など遠隔でため池の水位を監視することができるので、大雨の中、様子を見にため池まで足を運ばなくとも済みます
ため池水位情報監視画面例イメージ図

緊急時にすばやくお知らせします!

  • 水位に異常な上昇や低下が起きると、スマートフォンやPCに警報通知メールを送信します
    • 農家で構成する水利組合や自治体など、予め登録した携帯電話などの端末へ警報通知のメールを送信します
  • 警報通知メールを受け取って、ため池の水門を開きに行くなど、決壊防止のための適時な対応がとれるようになります

水位の予測ができます!

  • 当社が導出した「ため池水位予測数式」と実測データを重ね合わせて補正し、水位を予測します
    • 「ため池水位予測数式」は、農水省が作成・整備した、ため池設計基準、ため池諸元情報をベースに当社が導出
    • 実測データを蓄積すればするほど、水位の予測精度は高まります
  • 水位の予測ができれば、事前に水門を開けておくなど、決壊を防止する対策をタイムリーに実施できます

ため池の漏水が検知できます!

  • センサーとして雨量計をセットすることで、漏水を検知できます
    • 一般的に、ため池の漏水の発見・確認には、手間のかかるボーリング調査が必要です
    • 「ため池遠隔水位監視システム」ならば、日々のシステムの運用の中で漏水を検知できます
  • 漏水を放置しておくと、ため池の決壊をもたらす危険性があり、発見できると堤の補修など予防措置を講ずることができます

ため池の周囲に電源がなくともシステムを設置できます!

  • ため池の周囲に商用電源がなくとも、太陽光発電装置を設けて電源を供給できます

安価に導入、運用ができます!

  • 導入費用が安価:
    • 水位センサーとして、安価な非接触型水位センサーを採用
    • 無線通信手段は、モバイル通信を使った安価なM2Mゲートウェイを使用
      (インターネット回線の敷設、無線LAN装置の装備は不要)
    • データ蓄積・分析手段は、クラウドサービスを使うので設備導入費用が不要
  • 運用費用が安価:
    • 非接触型水位センサーはメンテナンス費用が不要です:
      • 従来の投げ込み式水位計測センサーは、メンテナンスコストが発生します
        (半年に1度の割合でメンテナンスが必要で、水中に入れた、水圧を測定する電極の清掃やメーカー保守担当者による再調整が必要です)
      • 非接触型水位センサーは、音波により非接触で水位を測定するのでメンテナンスフリーで運用できます
    • 運用費用は、モバイル(移動体)通信費やクラウドサービス利用料で安価
非接触型水位センサーのイメージ図
仕組み

ため池遠隔水位監視システムの仕組み

ため池遠隔水位監視システムのご利用イメージ図
  • 概要:
    • センサー部は、ため池の水位や雨量などをセンサーで常時モニタリングして、無線通信(通信事業者の移動体通信網経由)でM2Mクラウドサーバーへ送ります
    • M2Mクラウドサーバーは、センサー部から受け取ったデータを蓄積するとともに、受け取った情報を数値化、グラフ化します。農家の自宅など遠隔からインターネットを介して、M2Mクラウドサーバーにアクセスすると「現在/過去水位」、「予測水位」などの情報を監視することができます
    • またM2Mクラウドサーバーは、水位に異常な上昇や低下が起きると、スマートフォンやPCに警報通知メールを送信します
  • 構成:
    • センサー部(ため池に設置)
      • 無線通信制御盤
        • M2Mゲートウェイ
        • 信号変換器
        • 電源装置
      • センサー
        • 非接触型水位センサー
        • 雨量計(オプション)
        • 水門流量計(オプション)
        • 気象計(オプション)
        • 監視カメラ(オプション)
      • 電源
        • 標準:商用電源(AC100V)
        • オプション:太陽光発電装置(太陽光発電パネル+パワーコンディショナー+蓄電池 DC12V/24V)
    • M2Mクラウドサーバー
  • ※ M2M:Machine-to-Machine。物と物とが人の手を介することなく通信手段(ネットワーク)を用いてつながり合う仕組み。
事例
事例1 長崎県五島市 永田上ため池
  • センサー:
    • 水位センサー
    • 雨量計
  • 電源:
    • 商用電源(AC100V)
永田上ため池
 
事例2 香川県さぬき市 比与田ため池
  • センサー:
    • 水位センサー
    • 雨量計
  • 電源:
    • 商用電源(AC100V)
香川県さぬき市 比与田ため池
事例3 山口県山口市 野道ため池
  • センサー:
    • 水位センサー
    • 雨量計
    • 流量計(水門流量計測)
  • 電源:
    • 太陽光発電装置(+蓄電池)
山口県山口市 野道ため池
   

お電話でのお問い合わせ先

  • ICTソリューション事業本部 ソリューション推進本部 クラウド・セキュリティソリューション推進部門
  • 電話: 03-5778-1123
  • 受付時間: 平日 9:00~17:30

▶ページトップへ

▶ページトップへ