事業案内

エンジニアリングソリューション

通信インフラ事業

電気・土木・環境インフラ事業

システムソリューション

ネットワーク インテグレーション

システムインテグレーション

BPM、SOAソリューション
  • EAI/ESB/ETL
  • BPM
  • BAM
  • BRMS(ビジネスルール管理)
  • MDM(マスタデータ管理)
  • BI/DWH
  • SOA導入コンサルティングサービス
  • SIサービス
  • データ移行サービス
  • 参考資料
業務支援ソリューション
個別システムの紹介

BPM、SOAソリューション

ビジネス環境の変化に対応していくためのITツール、BPM、SOAの提案、導入、開発、移行まで一貫したご支援をいたします。

特長
  • 激変するビジネス環境の変化に迅速に対応していくためのITとして、BPM (Business Process Management)、SOA (Service Oriented Architecture)が注目されています。しかし、その導入は必ずしも進んでいません。
  • 当社は、導入の障壁となるリスクを小さくする現実的なアプローチを提案し、導入検討、開発、移行まで一貫したご支援をいたします。

BPMとSOAの関係

  • BPMは、企業活動を行う上での一連のビジネスプロセスをPDCAのサイクルで継続的に業務改善する手法です。このコンセプトを実現するためには、ビジネスプロセスのパフォーマンスを監視して悪さを見つけ、改善するためのビジネスプロセスの変更に迅速に対応できるITが必要になります。
  • SOAは、ビジネスプロセスを分解した一つのプロセスで行われる処理に相当するソフトウェアの機能をサービスと見立て、そのサービスを連携させてシステムの全体を構築していく考え方であり、業務上の処理をサービス単位にする点やそれらを組み合わせてシステムを実現する点で、BPMとの親和性が高く、BPMの実現手段として、SOAが効果的です。

ビジネス環境の変化とIT課題

  • 企業を取り巻く外的な変化(新法の施行、競合会社の新規参入、企業の合併など)や企業内の環境変化(新規ビジネスの展開、内部統制強化、グローバル化)など、ビジネスの環境は非常に速いペースで変化しており、変化に応じた業務改善(BPM)が必要です。
  • これらを背景とするITの共通的な課題を解決する手段としてSOAが有効なソリューションになります。

仕組み

環境変化に強いアーキテクチャ

  • SOAはレイヤードアプローチに基づき環境変化に強いアーキテクチャを実現します。
環境変化に強いアーキテクチャ

従来開発とSOA開発の違い

  • 従来開発とSOA開発で大きく異なる点は、「システム設計」です。従来開発では、業務モデルのビジネスプロセスと処理要件を前提として、ITの視点で実現する(構造)を設計しましたが、SOA開発の場合は、業務モデルのビジネスプロセスと処理要件について、それぞれ対応する形でプロセスとサービスを設計します。
  • このような設計を実施する事で、業務モデルとシステムモデルが一致し、ビジネス面からの変更要求に対して迅速に対応する事が可能になります。
従来開発とSOA開発の違い

SOAの導入

  • SOAの導入に対して、これまでの導入実績で培った適切なアプローチをご提案し、導入検討から開発・移行フェーズまで一貫したご支援をいたします。
SOAの導入
実績
(各業種毎の主な実績)
金融・保険関連
A社 帳票の作成承認プロセスをBPMにより自動化
B社 営業支援システムの導入に伴う、IBM汎用機、Siebelなど周辺システムとのデータ連携
C社 合併に伴う統合用ゲートウェイシステム(統合基盤)の構築
D社 BPRに伴う業務プロセス改善を目的としたBPMシステム構築
テレコム関連
A社 ERPの会計、購買サブシステムと既存の原価管理、購買管理システムとのデータ連携
B社 回線設定管理とサービスオーダ管理システムとのデータ連携
C社 回線収容管理システムとデータウェアハウスとのデータ連携
D社 ビリングシステムの更改に伴うデータ移行をEAIで実現
E社 全国に分散したコールセンタシステムの顧客情報をEAIにより統合
F社 コンテンツサービス事業者システムにおけるシステム統合基盤の構築
G社 BPM・EAI導入によりサービスオーダ業務を自動化
H社 合併に伴うシステム統合基盤の構築
I社 BPM・EAI導入によりサービスオーダ業務を自動化
J社 事業者間における新規や解約などの申込みプロセスをBPM・EAIにより制御
流通関連
A社 ERP、既存システム、共通マスタなど各システムとのデータ連携
B社 国内外の事業所で発生する仕訳情報を会計システム、連携会計システムにデータ連携
C社 ERPとデータウェアハウスとのデータ連携
運輸関連
A社 運航管理系システムと統合データベースとのデータ連携
B社 人事システムと周辺システムとのデータ連携
C社 輸入システムと周辺システムとのデータ連携
製造関連
A社 ERPの会計サブシステムと請求データ配信システムとのデータ連携
B社 ERPの導入及び、一部システムの更改に伴う周辺システムとのデータ連携
C社 系列内外のEDI受注情報を周辺システムに対して連携
D社 グローバル規模での営業~製造・流通の一貫したシステム統合基盤を構築
E社 ERPの導入及び、一部システムの更改に伴う既存システム~ERP間のデータ連携
F社 ERPの導入に伴う既存システム~ERP間のデータ連携
G社 営業系業務をBPMによりプロセス制御
H社 ERPの導入に伴う既存システム~ERP間のデータ連携
電気・ガス
A社 メインフレームから一部オープン化に伴うデータ移行

▶ページトップへ

▶ページトップへ