トップメッセージ

本業を通じて快適な通信の利用環境を作り上げることが社会的責任であり社会貢献であると認識しています。 代表取締役社長 小園 文典

 当社グループは、1954年の創立以来、通信インフラの建設をコア・コンピタンスとして成長してきた企業グループですので、本業を通じて快適な通信の利用環境を作り上げることが、発注者様をはじめ通信を利用される皆様に対する社会的責任(CSR)であり、社会貢献であると認識しています。
 特に、2011年3月11日の東日本大震災以降、いちはやく東北復興推進室を設け、復興に尽くしてまいりました。現在でも、被災地での利便性向上のための施工を続けています。また、昨年10月に台風の影響で発生した伊豆大島(東京都大島町)の大規模な土石流災害に対しましても、災害発生翌日には復旧チームを派遣し通信インフラ再構築に尽力しています。
 当社グループには、技能五輪国際大会の情報ネットワーク施工職種で4大会連続金メダル獲得が示すように非常に高度な技術力がありますが、今後は長年培ってきたそれらの通信インフラ建設技術に、環境・社会インフラに関する技術やソフトウェアの開発技術など当社グループの持つ多岐にわたる技術を融合させたトータルICTソリューションを、部門間の垣根を越えた「Team EXEO」として提案・提供することで、さらに快適で安心、安全な社会の創造にグループ一丸となって寄与していきたいと考えています。

代表取締役社長 小園 文典

▶ページトップへ