CSRの考え方

 協和エクシオグループは、日々の事業活動を通じてグループ理念を具現化し、社会的責任を果たしていくことをCSRの基本としています。コーポレート・ガバナンス、コンプライアンス、リスクマネジメントなどに真摯に取り組み、誠実で透明性の高い経営を推進し、社会の持続的成長に寄与していきます。

CSR基本方針・CSR推進体制

 協和エクシオグループは、グループ理念の実現に向け、事業活動を通じて、環境配慮経営を実践し、地球環境の保全と社会の持続的成長に貢献します。

 エクシオグループは、CSR基本方針となるグループ理念に、「技術力を培う」「豊かさを求める」「社会に貢献する」を掲げ、誠実性と透明性を経営上の基本的な規範として事業運営に取り組んでいます。このグループ理念を実現するためには、エクシオグループのステークホルダーとエンゲージメントを行い、課題を抽出しながら共により良い社会を共創していく必要があります。こうした理念実現の取り組みが、まさにCSRの取り組みであると認識しています。
 また、CSR活動は、特定部門だけではなく、社員全員が業務プロセスにおいて実践するものと考えています。そのため、代表取締役社長を委員長とするCSR委員会を発足し、その下部組織として全部店・全グループ会社にCSR担当者を配置することで、グループ全体でCSR活動を推進していく体制を構築しています。

*エンゲージメント: 企業がステークホルダー(利害関係者)と関わる機会を通じ、ステークホルダーの懸念事項や企業活動による地域社会への影響などさまざまな課題について話し合いの場を持つこと。

CSR基本方針・CSR推進体制

ステークホルダーの皆様に信頼される企業であり続けます。
 エクシオグループは積極的な情報開示に努めるとともに、ステークホルダーの皆様と良好なコミュニケーションを図り、企業の社会的責任(CSR)を果たすとともに、ステークホルダーの皆様とよりよい社会を共創していきます。

■マテリアリティ特定プロセス

 エクシオグループは、国際ガイダンス「ISO26000」の7つの中核主題を中心にCSR活動を行ってきました。この活動を礎として、さらなる社会との価値協創およびエクシオグループの持続的成長を目ざし、ESGの側面においてステークホルダーおよび当社グループにとっての重要なテーマとその重要度を下記のプロセスを経て特定しました。今後もCSR活動の取り組みを通じてPDCAを回しながら、マテリアリティを活用していきます。

マテリアリティ特定プロセス
重要テーマと重要度の特定

▶ページトップへ