安全品質文化に対する取り組み

 エクシオグループがコアコンピタンスとする情報通信設備工事では、「安全・品質の確保」が最重要なため、社員一人ひとりがその重要性を十分に理解し、それが自然に行動となって現れるよう「安全品質文化の定着」から「安全品質文化の浸透」へむけて取り組んできました。2016年からは「安全品質文化の原点回帰」を5ヵ年のスローガンとして推進していきます。

安全品質文化推進ポスター

安全品質文化推進ポスター
(クリックすると拡大します)

取り組み
2001 「安全品質文化の創造」をスローガンに掲げる
2003 「あるある君」運用開始
2004 「エクシオソリューション提案制度」の導入
2007 「安全品質文化の推進」を3ヵ年のスローガンに掲げる
2008 「安全の鉄則」を制定
2009 「安全の鉄則」を通信建設業界へ展開
2010 「安全品質文化の定着」を3ヵ年のスローガンに掲げる
2012 「安全に関するオペレーション」運用開始(安全再教育ルール)
2013 「安全品質文化の浸透」を3ヵ年のスローガンに掲げる
2016 「安全品質文化の原点回帰」を5ヵ年のスローガンに掲げる
2018 安全品質文化の原点回帰」5ヵ年計画の3年目「絶対安全」をスローガンに掲げる

1 ヒューマン・エラー対策(あるある君)

 ヒヤリ・ハット(ヒヤッとしたり、ハッとしたりした体験)を収集し、その分析からより普遍化された危険情報を得て、将来発生する恐れのある災害を予測し、対策を講じるとともに現場第一線の作業従事者の安全意識の向上を図ることを目的に、2003年から「あるある君」という情報収集システムを導入しています。作業従事者は、作業中のヒヤリ・ハット報告をすることにより、自らの体験を全社員へ情報共有するとともに、同じヒューマン・エラーが起きないよう相互に注意喚起を行っています。
 また、2017年には、利便性をより高めるためにシステムの更改し、運用しています。

2 エクシオソリューション提案制度の導入

 エクシオソリューションの推進力に資することを目的に、エクシオソリューション提案(ESP)制度を導入しています。現状の仕事のやり方を良しとせず、視点・発想を変えた提案、さらには取り組んでいる仕事の領域にとらわれない新たな発想による提案を積極的に発掘し、年間14,000件を超える改善や効率化、安全、品質向上などに関する提案が提出されています。
 また、社内改善提案活動であるESP提案および顧客改善提案活動であるVE提案の成果のうち優良な提案を広く社内に発表し、その水平展開を図るとともに、「ESP・VE提案発表会」を年1回開催し、さらなる改善提案活動の活性化を目ざしています。

3 「安全の鉄則」を制定

 人身事故、設備事故等を撲滅するために、過去の事例等を教訓として作成した「安全の鉄則」を2008年に制定しました。「誰もが例外なく遵守すること」を念頭に20ヵ条を共有し意識を高めています。
 2013年には、指導者の「鉄則虎の巻」を作成し、さらに2016年には事例等に合わせて業界全体で改訂し、現場安全指導に活用しています。

4 危険を感じたらやめる

 作業中に高さ4mの濡れた屋根上で足を滑らせ、転落し作業者が負傷するという事故を契機に、お客様宅内工事における「危険を感じたらやめる」仕組みを「安全の鉄則」として提案し、発注者と通信建設業界が一体となる取り組みを2009年に実現させました。現在は、作業に先掛けて現場毎に危険予知(KY)活動により対策を立て、安全を確保する「きっちりKY・大きな安心」運動と、作業の節目で立ち止まり、疑問があれば必ず解消・納得して次に進める「Stop & Look」運動を展開しています。

5 事後対策から事前対策へ

 事故を未然に防止し、工事の安全・品質の向上を目的に、工事において安全不備を指摘された作業班はその作業を中止させる退場ルールを2012年に導入しました。2016年にはさらに安全不備の再発防止のための教育に重点を置いてカリキュラムを制定し、再教育ルールとして改訂しました。この取り組みにより、管理側と施工側の緊張感が高まり、事故の未然防止効果が着実に現れています。

6 キーワードは「絞る」で事故防止に取り組む

 従来施策の着実な実施により定着化を図る一方、2017年度に発生した事故の特徴的な傾向から、2018年度は人身事故では「転落・転倒」、「重機・電動工具」に起因する事故および「第三者加害」事故、また作業ミスによる通信設備関連事故についてはケーブル切断や抜去対象の「マーキング」に絞って、重点化した事故防止に取り組みます。そのためには施工従事者一人ひとりの意識向上も必要であり、「安全は本当に大丈夫?」、「なぜ安全対策が必要か?」などの問い掛けと対話により、自らや周りへの安全を自発的に守る安全品質文化の実践に取り組んでいきます。

▶ページトップへ