リスクマネジメント

 推進体制を構築し、すべての業務分野を対象にリスクマネジメントに取り組んでいます。

リスクマネジメントの基本的な考え方

 エクシオグループは、ICTのソリューション・サービス企業としてビジネスの拡大を図り、新たな成長を実現するために、事業活動全般にわたって生じ得るさまざまなリスクを想定した対策を立てる必要があります。また、リスクの発生頻度や影響の低減を図るなど、適切な管理を行うとともに、万一発生した場合の被害・損害を極小化する必要もあります。こうした認識の下で、リスクマネジメントに取り組んでいます。

リスクマネジメントの基本的な考え方

リスク管理体制

 エクシオグループでは、事業活動を健全に遂行していくため、当社グループ全体レベルでのリスクの特定、分析および評価を行い、適切なリスクコントロールを行っています。
 リスク管理に関わる基本事項を定めた「リスク管理規程」に則り、当社と当社グループのリスク管理体制を整備するとともにリスクを右表のとおりに分類し、リスク発生の防止またはリスクが発生した場合の損失の最小化を図る取り組みを展開しています。
 また、内部監査部門は、業務プロセスリスク対応策の実施状況をモニタリングし、当社グループ全体でのリスクの対応状況を取りまとめ、定期的に経営者に報告を行っています。

リスク管理体制
ビジネスリスクへの取り組み
 企業を取り巻くビジネス環境の変化が企業や事業の存続を脅かしたり、企業の目標や戦略に影響を及ぼす基礎的条件に大きな変化をもたらすリスクや経営戦略、事業戦略の策定、組織構造の有効性を判断し経営資源の配分を決定する上で判断を誤るようなリスクは、経営リスクとして位置づけています。経営リスクは、経営者の指示に基づきプロジェクト設置や事業戦略会議などを通じ課題の解決を図っています。
 一方、企業の業務、日常的活動の中の事象や行為に含まれる不確実性がマイナスの面に出て、企業の経営目標が達成できなくなるリスクは、プロセスリスクとして位置づけ、各部店長が責任者となりリスク低減に向けた取り組みを行っています。
災害リスクへの取り組み
 エクシオグループは、災害対策規程を定め、地震等の自然災害の発生時に人的被害の回避を最優先にしながら事業継続を図るため、積極的な防災設備投資や災害対応訓練の実施により、リスク回避と被害の最小化および早期復旧に努めています。2011年3月11日に発生した東日本大震災の際には、災害対策規程に基づき、地震発生直後に「災害対策本部」をいち早く立ち上げ、従業員の安全確認および会社施設の被害状況の把握を行うとともに、お客さまからの通信施設復旧要請に迅速に対応いたしました。
与信管理への取り組み
 新規のお客さまとの取引、長期かつ大規模な案件などにおける代金未回収リスクの低減に取り組むため、当社は2006年1月に与信管理室を設置しました。与信管理室では、営業部門からの申請に基づきお客さまとの適正な取引規模を審査・決定すると同時に、必要に応じて関連組織の長で構成される拡大受注検討委員会を開催するなど他部門と連携し、トラブルの予防とリスクの極小化に努めています。

▶ページトップへ